@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ランゴバルド族【ランゴバルドぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ランゴバルド族
ランゴバルドぞく
Langobardi; Langobarden; Lombards
ロンバルド族とも呼ばれる。ゲルマン民族の一部族。下エルベ川左岸に居住し,4世紀頃から南下,5世紀末にはドナウ川以北の地域へ移動。ヘルリ人を破り (508頃) ,この頃アリウス派のキリスト教徒に改宗。 546年アウドインのもとに新王朝を樹立。アルボイン王のとき,ゲピード族を撃滅 (567頃) し,568年にアルボインに率いられて北イタリアのロンバルディア地方に入り,ランゴバルド王国 (ロンバルディア王国) を建設,イタリア半島の中・南部を支配した。 584年フランク民族の脅威にそなえ,アウターリ王のもとに諸侯に対する王権を強化し,パビアが行政の中心地となった。 643年には部族法を初めて成文化した『ロタリ王法典』が発布された。8世紀前半のリウトプランド王のときに全盛期を迎え,東ローマ (ビザンチン) 帝国領ラベンナを併合。アイストゥルフ王とデシデリウス王のとき,ローマを脅かしたため,前者はフランク王ピピン (小ピピン) に後者はカルル1世 (大帝) に敗れ,774年に併合された。9世紀に一時独立したが神聖ローマ帝国のオットー1世 (大帝) に敗北。ランゴバルド族の伝統を受継いだ南イタリアのベネベント公国も,11世紀末にノルマン人の侵入に敗れた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ランゴバルドぞく【ランゴバルド族 Langobard】
ゲルマン人の一部族。ロンバルド族ともいう。紀元後5年の記録に登場する部族で,当時はエルベ川下流左岸に住んでいた。5世紀初めに南下を開始し,6世紀初めにはパンノニア(ほぼ現在のハンガリー共和国が占める地域)に進出,568年に北イタリアのロンバルディア地方に現れて,ランゴバルド王国を建設したことで知られる。王国はリウトプランド王(在位712‐744),アイストゥルフ王(在位749‐756)のときに全盛期を迎え,ビザンティン領ラベンナを併せ,ローマをも脅かしたが,774年カール大帝に敗れて滅びた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

ランゴバルド族
ランゴバルドぞく

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランゴバルド族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ランゴバルド族の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation