@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ランス アームストロング

最新 世界スポーツ人名事典

ランス アームストロング
Lance Armstrong
自転車
自転車選手
生年月日:1971年9月18日
国籍:米国
出生地:テキサス州
別名等:本名=Lance Edward Armstrong
受賞歴:ジェシー・オーエンス国際賞〔2000年〕;ローレウス・スポーツ賞(カムバック賞,第1回)〔2000年〕
経歴:トライアスロンの米国王者から、1992年プロの自転車選手に転向。’93年世界選手権のロードレースで優勝。’96年ツール・ド・デュポンで世界ナンバー2のロミンゲルらを破って2度目の優勝。同年5月のツール・ド・フランスは気管支炎で途中棄権、7月のアトランタ五輪は12位。10月進行性の睾丸がんと診断され、闘病生活に入る。’99年ツール・ド・フランスで初の総合優勝を果たし“奇跡の復活”と称えられた。2000年シドニー五輪個人ロードタイムトライアルで銅メダルを獲得。2004年ツール・ド・フランスで史上初の総合6連覇を達成。同年アテネ五輪代表に選ばれるが、出場を辞退。2005年ツール・ド・フランス7連覇を花道に一旦、第一線から退いた。2008年現役復帰を表明し、2009年4年ぶりにツール・ド・フランスに参戦、総合3位。2010年も出場し、タイムトライアルと山岳ステージで強さを発揮した。その後、ドーピング違反で国際自転車連合(UCI)から永久資格停止処分を受け、1998年8月以降の全成績を抹消される。2013年1月には国際オリンピック委員会(IOC)がシドニー五輪個人ロードタイムトライアルの銅メダルを剥奪。競技生活の傍ら、1997年泌尿器系のがん撲滅を目指すランス・アームストロング基金を設立。チャリティー自転車レース主催のほか、自らの経験をインターネットを通じて発信するなど、がん撲滅のための活動を展開。2004年に発売した黄色のリストバンドは世界的な反響を呼んだ。著書に全米でベストセラーとなった「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」がある。

出典:日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ランス アームストロング
生年月日:1971年9月18日
アメリカの・自転車選手

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2016

ランス アームストロング
Lance Armstrong
職業・肩書
元自転車選手

国籍
米国

生年月日
1971年9月18日

出生地
テキサス州

本名
Armstrong,Lance Edward

受賞
ジェシー・オーエンス賞〔2000年〕,ローレウス・スポーツ賞(カムバック賞,第1回)〔2000年〕

経歴
トライアスロンの米国王者から、1992年プロの自転車選手に転向。’93年世界選手権のロードレースで優勝。’96年ツール・ド・デュポンで世界ナンバー2のロミンゲルらを破って2度目の優勝。同年5月のツール・ド・フランスは気管支炎で途中棄権、7月のアトランタ五輪は12位。10月進行性の睾丸がんと診断され、闘病生活に入る。’99年ツール・ド・フランスで初の総合優勝を果たし“奇跡の復活”と称えられた。2000年シドニー五輪個人ロードタイムトライアルで銅メダルを獲得。2004年ツール・ド・フランスで史上初の総合6連覇を達成。同年アテネ五輪代表に選ばれるが、出場を辞退。2005年ツール・ド・フランス7連覇を花道に一旦、第一線から退いた。2008年現役復帰を表明し、2009年4年ぶりにツール・ド・フランスに参戦、総合3位。2010年も出場し、タイムトライアルと山岳ステージで強さを発揮した。その後、ドーピング違反で国際自転車連合(UCI)から永久資格停止処分を受け、1998年8月以降の全成績を抹消される。2013年1月には国際オリンピック委員会(IOC)がシドニー五輪個人ロードタイムトライアルの銅メダルを剥奪。著書に全米でベストセラーとなった「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」がある。競技生活の傍ら、1997年泌尿器系のがん撲滅を目指すランス・アームストロング基金を設立。チャリティー自転車レース主催のほか、自らの経験をインターネットを通じて発信するなど、がん撲滅のための活動を展開。2004年に発売した黄色のリストバンドは世界的な反響を呼んだ。

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランス アームストロング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ランス アームストロングの関連情報

関連キーワード

マズロー阿賀野川水銀中毒事件周恩来寺村輝夫ビーティー平岩弓枝ファスビンダー東松照明立木義浩シーゲル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation