@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ランディ ジョンソン

367日誕生日大事典

ランディ ジョンソン
生年月日:1963年9月10日
アメリカの大リーグ選手

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2016

ランディ ジョンソン
Randy Johnson
職業・肩書
元大リーグ選手

国籍
米国

生年月日
1963年9月10日

出生地
カリフォルニア州ウォルナットクリーク

本名
Johnson,Randall David

学歴
南カリフォルニア大学卒

受賞
サイ・ヤング賞〔1995年・1999年・2000年・2001年・2002年〕

経歴
1985年ドラフト2巡目でエクスポズ(現・ナショナルズ)の指名を受けプロ入り。’88年メジャー昇格。当初は制球難でスリークォーターに変更。’89年シーズン途中でマリナーズに移籍後、才能が開花し、’90年6月対タイガース戦でノーヒット・ノーラン達成。この年以降、毎年2桁勝利を記録。また、’92年から4年連続で奪三振王。’95年294奪三振、勝率9割の防御率2.48をマークし、アリーグ最優秀投手賞、サイ・ヤング賞を受賞。’98年7月末アストロズに移籍。同年12月FAでダイヤモンドバックスに移籍。’99年投手4部門で1位となり、サイ・ヤング賞に選出、史上2人目のナリーグ、アリーグ両リーグでの受賞となる。2000年9月対マーリンズ戦で史上12人目の通算3000奪三振を達成、奪三振王に輝く。同年2年連続サイ・ヤング賞に選出。2001年5月対レッズ戦で大リーグ最多タイ記録となる1試合20奪三振をマーク。同年防御率(2.49)と奪三振(372)の2冠を制し、球団初のワールドシリーズ制覇に貢献、カート・シリングと共にシリーズMVPを獲得。3年連続のサイ・ヤング賞にも選ばれる。2002年自己最多の24勝(5敗)、防御率2.32、334奪三振で初の3冠を獲得、4年連続サイ・ヤング賞を受賞。2004年5月対ブレーブス戦で史上15人目の完全試合を、史上初の40代(40歳8ケ月)で達成、100年ぶりに最高齢記録も更新。同年奪三振王。2005年1月トレードでヤンキースに移籍し、3年総額4800万ドル(約49億9000万円)の契約を結ぶ。2006年8月対エンゼルス戦で大リーグ史上3人目、左腕投手としては初の4500奪三振を記録。2007年ダイヤモンドバックスに移り、2008年44歳で16度目の2ケタとなる11勝を挙げる。2009年ジャイアンツに移籍。2006年、2007年と2度腰の手術を受けるなど、現役後半は故障に苦しみ、2010年1月46歳で現役を引退。全盛期の1990年代は、大リーグ史上最も高い208センチの長身から投げる100マイル(約161キロ)前後の速球と145キロ以上の高速スライダーを武器に、体力の衰えた2000年以降は投球術でカバーし、米国を代表する左腕投手として活躍した。通算成績は、22年間で618試合登板、303勝166敗2セーブ、4875奪三振、防御率3.29。サイヤング賞5回(1995年,’99年〜2002年)、最多勝1回(2002年)、最優秀防御率4回(1995年,’99年,2001年,2002年)、最多奪三振9回(1992〜95年,’99年〜2002年,2004年)、オールスター選出10回(1990年,’93〜95年,’97年,’99年〜2002年,2004年)。生涯年俸は約1億7600万ドル(約158億円)。“ビッグ・ユニット(巨大な物体)”の愛称で親しまれた。2015年米国野球殿堂入り。同年ダイヤモンドバックス時代の背番号51が永久欠番となった。

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランディ ジョンソン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ランディ ジョンソンの関連情報

関連キーワード

コーマン新藤兼人北九州(市)中平康森一生ロメール飯島耕一川島雄三シモンドン鈴木清順

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation