@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ランデ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ランデ
Linder, Max
[生]1883.12.16. サンルベ
[没]1925.10.30. パリ
フランスの喜劇映画俳優,監督。舞台から映画へ移り,演出,脚本,監督を手がけ短編喜劇「マックス・シリーズ」を大ヒットさせた。また映画における世界最初のすぐれた喜劇スターとして,チャップリンにも影響を与えた。作品は第1作『中学生の最初の外出』 La première Sortie d'un collégien (1905) をはじめ数多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ランデ【Alfred Landé】
1888~1975) ドイツ生まれの理論物理学者。電子の角運動量と磁気モーメントの関係を示す「ランデの g 因子」や多重線に関する「ランデの間隔規則」を見いだした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ランデ
らんで
Alfred Land
(1888―1975)
ドイツの物理学者。マールブルクおよびゲッティンゲン大学を経て、1922年チュービンゲン大学、1931年にアメリカのコロンブス大学の教授となる。主として分光学理論を研究し多重スペクトル線に関する「ランデの間隔規則」(1923)を、またゼーマン効果の研究において「ランデのg公式」(1921)をそれぞれ発見した。これらは原子におけるスピン軌道の相互作用を明らかにするものとして、原子・分子の電子構造の研究の発展に寄与している。「g公式」で与えられているg因子は、磁気共鳴で測定されるところから、固体物理学の発展にも深くかかわっている。[今野 宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ランデ
生年月日:1888年12月13日
ドイツの物理学者
1975年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランデ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ランデの関連情報

関連キーワード

アルマン条約ガルシン電気事業ユーイング(Sir James Alfred Ewing)フィラデルフィア・フィリーズサンフランシスコ・ジャイアンツポンキエリアモンウィンチェスターウェルクマイスター

他サービスで検索

「ランデ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation