@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ランバレネ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ランバレネ
Lambaréné
ガボン西部の都市。モアイヤンオゴウェ州の州都リーブルビル南東約 150km,オゴウェ川中州に位置。河川運輸の河港木材集散地として発展。大規模なパーム油工場もあり,周辺ではゴム,石油を産する。フランスの A.シュバイツァーが医療活動を行い,没した地として有名。人口約2万 6000。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ランバレネ(Lambaréné)
アフリカのガボン中西部の都市。首都リーブルビル南東約150キロメートル、ギニア湾に注ぐオゴウエ川中流沿岸にある。シュバイツァー伝道と医療を行った地。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ランバレネ【Lambaréné】
アフリカ中西部,ガボン共和国西部の小都市。人口2万6000(1978)。オゴウェ川の中流,河口のポール・ジャンティルから約200kmの地点にある。1913年にA.シュワイツァーがここの原住民部落から2kmほど離れた地点に病院を建設し,キリスト教の人道主義に基づく治療活動を始めてから,世界的に有名となった。65年のシュワイツァー没後も病院は存続している。【西野 照太郎

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ランバレネ
らんばれね
Lambaréné

アフリカ中西部、ガボン西部にある町。人口1万9400(2002推計)。リーブルビルの南東150キロメートル、オゴウエ川沿岸に位置する。ドイツの医師で思想家のA・シュワイツァーが1913年から死去(1965)するまで、伝道と医療活動を行った地として知られる。同博士の墓やシュワイツァー平和記念病院があるほか、郵便局、銀行など各種施設も整っている。

[端 信行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ランバレネ
(Lambaréné) ガボン共和国西部の都市。オゴウエ川の中流にある。一九一三~六五年、A=シュバイツァーがこの地で伝道と医療活動を行なった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランバレネ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ランバレネの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation