@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ランボー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ランボー
Rimbaud, (Jean-Nicolas-) Arthur
[生]1854.10.20. アルデンヌ,シャルルビル
[没]1891.11.10. マルセイユ
フランスの詩人。早熟の天才として 16歳のときすでにソネット『母音』 Voyellesや『酔いどれ舟』 Le Bateau ivreなどの傑作を書いた。 1871年ベルレーヌに招かれてパリに出,2人でイギリス,ベルギーを放浪するが,感情のもつれからベルレーヌの狙撃を受けた。 73年散文詩集『地獄の季節』 Une Saison en enferを出したあと,詩業を放棄して各地を漂泊エチオピア奥地で武器その他の通商にたずさわった。 91年病を得て帰国し,マルセイユで足を切断したが,病状が悪化して死亡した。 75年以前に書かれた散文詩集『イリュミナシオン』 Illuminations (1886) はその鋭い感覚と大胆なビジョンによって,20世紀の詩に決定的な影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ランボー(Jean-Nicolas Arthur Rimbaud)
[1854~1891]フランスの詩人ベルレーヌマラルメと並ぶ象徴派の代表的詩人。早熟な天才で、詩作は15歳からの数年間だけだったが、近代詩に大きな影響を与えた。作「酔いどれ船」「地獄の季節」「イリュミナシオン」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ランボー【Jean‐Nicolas‐Arthur Rimbaud】
1854‐91
フランスの詩人。北フランスのアルデンヌ県シャルルビル市に,陸軍大尉の次男として生まれたが,父親が早くから家を捨てたため,厳格・勤勉な倹約家で,極度の敬神家の母親の強い影響下に育った。きわめて早熟で,学校では数々の優等賞を獲得,模範的優等生であったが,1870年の普仏戦争に生活が一変学業を放棄して詩作に頭しはじめるとともに,神や家庭を呪い,たびたび家出を繰り返した。後世のいう〈反抗者〉または〈無頼漢〉ランボーの出現である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ランボー【Arthur Rimbaud】
1854~1891 フランスの詩人。ベルレーヌやマラルメとともにフランス象徴派の代表的詩人。その異常な早熟ぶり、特異な詩才、独自の「見者」の詩法により二〇世紀の詩に深い影響を及ぼした。作「酔いどれ船」「地獄の季節」「イリュミナシオン」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ランボー
らんぼー
Jean-Nicolas Arthur Rimbaud
(1854―1891)
フランスの詩人。10月20日、北フランスのアルデンヌ県シャルルビル市に生まれる。陸軍大尉の父と、近郊ロシュ村の小地主の出の母との間の次男であるが、父は任地にいて不在がちのうえ、ランボー6歳のとき以後は戻らず、兄妹とともに母一人の手で育てられた。厳格勤勉で気位が高く、極度の敬神家であり、乾いた性格のこの母親の存在は、詩人の幼時に強い影響を及ぼした。[渋沢孝輔]

神童――見者の時代

最初、ブルジョアの子弟の多いロサ学院に入学、2年後に市立シャルルビル高等中学校に転校し、ずぬけた秀才ぶりを発揮するが、模範的優等生として数々の優等賞を得たりしていたランボーは、1870年、若い詩人教師ジョルジュ・イザンバールGeorges Izambardが担任として赴任してきたころから、母親の期待に背いて変貌(へんぼう)し始める。この教師のさまざまな援助と影響下に、旺盛(おうせい)な読書欲を満たす一方、最初の詩作を雑誌に投稿したり、パリの詩人に送り付けたりするようになり、やがてプロイセン・フランス戦争開始で戦火が街に迫ると、生活も荒れ始め、前後3回にわたって家出して各地を放浪。その間の詩23編は、2冊のノートに清書されたものが知人に託されていて、後世に残ることになった。
 これ以後二度と学校には戻らず、続くパリ・コミューンに革命的情熱を燃え上がらせたり、街の図書館であらゆる本を読みあさったり、知的にも体験的にも大変貌を遂げたところで、イザンバールならびに知人のポール・ドメニーPaul Demenyに宛(あ)てて、自己の詩的理念と方法を述べた手紙を送る。いわゆる「見者の手紙」Lettres du voyantであるが、そこでは過去の詩のいっさいが批判されるとともに、見者としての詩人は、「あらゆる感覚の、長期にわたる、大掛りな、そして合理的な攪乱(かくらん)」を通じて「未知」に到達し、さらにそれを伝える普遍的な新しい言語を発見すべきであることが高い調子で述べられている。
 こうして急激に独自の詩的覚醒(かくせい)を経たランボーは、以後自らの方法に従って「見者」修行に励みながら、『酔いどれ船』(1871)や、母音に色を結び付けて象徴主義的技法の一手本のごとくみなされている『母音』(1872?)などの初期の代表作を生むが、これらには、迅速に移動する視点がとらえた万象の客観的イメージの定着という、彼の詩の特性がすでに十分に現れている。1871年秋、ベルレーヌに手紙を出し、その招きを得てパリに出ると、2人の仲は急速に同性愛的関係にまで発展し、一方ランボーの粗暴な言動は、パリの文人たちの間で彼をしだいに孤立させる。しかし詩的には多産な時期で、72年夏ころまでに、「涙」「もっとも高い塔の歌」「永遠」「記憶」など、〈後期韻文詩〉とよばれている多くの作品を書いた。しだいに自由になった破格の詩形と、かつてない縹渺(ひょうびょう)たる象徴性をもった作品群である。[渋沢孝輔]

『地獄の季節』と『イリュミナシヨン』

1872年後半から73年にかけては、ベルレーヌとベルギー、ロンドンに滞在、4月初め、ロシュの家族のもとに帰って『地獄の季節』の執筆にとりかかるが、途中でまたまたベルレーヌと図ってロンドンへ。しかしこのたびは貧窮に加えて、2人の間に喧嘩(けんか)口論が絶えず、ついにベルレーヌはブリュッセルに去り、追いかけて到着したランボーに、口論のすえ酔ったベルレーヌはピストルを発射、左手首に命中させてしまう。ベルレーヌは逮捕され、ランボーは市内の病院に入院、静養ののち、ロシュで『地獄の季節』の続きにかかり、73年の8月中に完成させる。見者の詩法の経過や、キリスト教とのかかわり、ベルレーヌとの愛の体験を踏まえた個人的危機の表現であり、近代ヨーロッパのあらゆる堕地獄的矛盾苦悩の集約的表現でもあるこの散文詩は、ランボーが文学的〈運命〉を賭(か)け、自らの意志で出版を企てた唯一の作品であったが、自費出版の費用未払いのため市場に出るには至らなかった。
 ベルレーヌとのスキャンダルのせいもあって、ついにパリ文壇にいれられぬまま、翌1874年にもロンドンに渡り、さらに75年にはドイツに行くが、2月末、出獄してシュトゥットガルトまで訪ねてきたベルレーヌに、ランボーはもう一つの傑作散文詩集『イリュミナシヨン』(1886刊。作者18~21歳のころにかけ作成)の原稿を託している。過去の表現様式を過激に否定解体した複合的なイメージのうちに、強固な物質性を備えた原初的世界が閃(ひらめ)き、のちのシュルレアリスムなどにも大きな影響を与えることになる詩集である。
 彼の文学生活はほぼこのあたりで終わり、以後は世界各地を遍歴する旅行家または冒険家、そしてアフリカにおける交易商人の生活が始まる。その足跡はスカンジナビア、イタリア、ジャワ、エジプト、エチオピアに及び、その間さまざまな職業につき、最後はアフリカ奥地で隊商を率いて貿易に従事した。80年代なかばに至って本国ではようやく彼の文名が高まりつつあったが、本人はまったく無関心であった。91年2月、右脚関節に静脈瘤(りゅう)ができて歩行困難となり、5月マルセイユのコンセプシヨン病院に入院して右脚を切断した。一時ロシュに帰るが、8月妹イザベルIsabelleに伴われてふたたびマルセイユに向かい、同じ病院に入院。全身癌腫(がんしゅ)で11月10日死亡した。37歳。終始苦悩に満ちた悲劇的な生涯であったが、その作品はいまなお栄光に包まれている。[渋沢孝輔]
『小林秀雄訳『ランボオ詩集』(1948・創元選書/改訳版・『新訂小林秀雄全集 第2巻』所収・1978・新潮社) ▽鈴木信太郎・佐藤朔監修『ランボー全集』全3巻(1976~78・人文書院) ▽粟津則雄編『ランボオの世界』(1974・青土社) ▽イヴ・ボヌフォワ著、阿部良雄訳『ランボー』改訂版(1977・人文書院) ▽P・プチフィス著、中安ちか子・湯浅博雄訳『アルチュール・ランボー』(1986・筑摩書房) ▽渋沢孝輔訳『地獄の一季節・イリュミナシヨン/他』(『世界文学全集 第55巻』所収・1981・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ランボー
生年月日:1842年7月2日
フランスの歴史家
1905年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランボー
生年月日:1852年7月13日
ベルギーの彫刻家
1908年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ランボー
(Jean Nicolas Arthur Rimbaud ジャン=ニコラ=アルチュール━) フランスの詩人。早熟の天才で感覚の惑乱の中から未知のものを見るという方法にめざめ、現実への反逆にみちた独自の詩風をきずいた。詩集「イリュミナシオン」「地獄の季節」など。(一八五四‐九一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ランボー
Arthur Rimbaud
1854〜91
フランス象徴主義の三大詩人のひとり
少年期にパリ−コミューンに参加。『地獄の季節』『イリュミナシオン』の名作を残して文学をすて,種々の職業につきヨーロッパ〜ジャワ島までの各地を放浪。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランボー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ランボーの関連情報

関連キーワード

ハイネペリー(Matthew Calbraith Perry)安政オレンジ自由国安政地震神奈川条約津田ナダールリーマンシュピンナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation