@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラ・プラタ川【らぷらたがわ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラ・プラタ川
らぷらたがわ
Río de la Plata

南アメリカ南東部、アルゼンチンとウルグアイの間にあって、大西洋に向かってらっぱ状に開いた湾。実体はエスチュアリー(三角江)であるが、慣習的に川とよばれる。湾の長さ300キロメートル、湾口の幅220キロメートル、水面の面積は3万5000平方キロメートルある。湾奥にはパラナ川とウルグアイ川がデルタをつくって流入している。川からの土砂の堆積(たいせき)が著しく、平均水深は湾奥部で1.2メートル、湾口部で12メートルと遠浅で、各所に浅堆(せんたい)(バンク)が形成されており、航路の確保のために常時浚渫(しゅんせつ)が行われている。湾奥にはアルゼンチンの首都ブエノス・アイレス、北岸にはウルグアイの首都モンテビデオがある。パラナ川を本流とするラ・プラタ水系の流域は、西はアンデス山脈、東はブラジル高原に達し、その間に広がるグラン・チャコとパンパの平野を含む。流域面積は310万平方キロメートルに及び、アルゼンチン、ウルグアイ、ブラジル、パラグアイ、ボリビアの各国にまたがっている。

[松本栄次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラ・プラタ川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラ・プラタ川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation