@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラーゲリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラーゲリ
Lager'
ソビエト連邦で 1918年に創設された矯正労働収容所。普通は強制労働収容所と訳されているが,これはその実態からきたものであろう。ラーゲリがロシア文学のなかで正式に取り上げられるようになったのは,1962年にアレクサンドル・I.ソルジェニーツィンが『イワン・デニーソヴィチの一日』を発表してからである。それまでこのテーマはタブーであった。以来,多くの作家がこのテーマを扱ってきたが,1973~76年に発表されたソルジェニーツィンの『収容所群島』によって集大成された。(→強制収容所)  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラーゲリ(〈ロシア〉lager')
捕虜収容所。特に、第二次大戦後のソ連の捕虜・抑留者収容所。ラーゲル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラーゲリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラーゲリの関連情報

関連キーワード

ロシア革命史(年表)牧野省三東欧史(年表)ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動第1次世界大戦芥川龍之介

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation