@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラーゲルクウィスト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラーゲルクウィスト
Lagerkvist, Pär Fabian
[生]1891.5.23. ベクシェー
[没]1974.7.11. ストックホルム
スウェーデンの小説家,詩人,劇作家。自伝的小説『真実の客となりて』 Gäst hos verkligheten (1925) にみられるように宗教的雰囲気のなかで幼年期を過したが,現代科学観の影響で父祖の宗教から決別し,1913年パリを訪れキュビスムの影響も受けた。 20年代には物質文明の桎梏から脱却し,闇の支配力にうちかつ人間の精神力を信じるにいたる。作品は詩,戯曲,評論と多岐にわたり,ナチス独裁を痛烈に批判した小説『絞刑吏』 Bödeln (33) ,また文化史観的小説『侏儒』 Dvärgen (44) などもあるが,『バラバ』 Barabbas (50) 以後の作品では,古代ギリシアを主題とした小説『巫女』 Sibyllan (56) ,「さまよえるユダヤ人」を題材にした小説『アハスベルの死』 Ahasverus död (60) など,宗教的問題を扱った作品が多い。 51年ノーベル文学賞受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラーゲルクウィスト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラーゲルクウィストの関連情報

関連キーワード

バーナムドボルザーク(Antonín Dvořák)マッキム・ミード&ホワイトワイルドイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャーク内閣総理大臣ゴーギャン自由新聞マルティ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation