@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラージプターナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラージプターナ
Rājputāna
インド北西部,ラージャスターン州全域とマディヤプラデーシュ州グジャラート州の一部を含む地域。ラージプターナは「ラージプートの場所」を意味し,7世紀頃からラージプートの諸王国が割拠ムガル帝国の時代にもヒンドゥー教徒の地域として残り,その文化,芸術の一中心地となった。しかし 18世紀には内部抗争とマラータやピンダリー (盗賊) の侵入で混乱。第3次マラータ戦争の終結 (1818) 後,イギリス支配下の藩王国となってイギリス領インドの一行政区を形成,アジメールの総督代理の管轄下に入った。 1941年段階では人口 1367万 208,面積 34万 3328km2で,23の藩王国が含まれた。おもな藩王国はジョドプル,ジャイサルメル,ビーカネル,ジャイプル,ウダイプル。 47年の独立とともに藩王国に連合の機運生れ大部分がラージャスターン州の結成に加わった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らーじぷたーな【ラージプターナ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ラージプターナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラージプターナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation