@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラージプート絵画【ラージプートかいが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラージプート絵画
ラージプートかいが
Rājpūt painting
インドのパンジャブ,ラジャスタン地方のヒンドゥー教徒の間で発達したミニアチュール (細密画) 。土俗的な宗教画が主流を占め,クリシュナ伝説やシバ神話などを主題としたものが多い。ラージャスターニー派パハーリー派の2流派に大別され,16~19世紀後半に流行した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラージプートかいが【ラージプート絵画】
北西インドを中心に16~19世紀中期に,ラージプート王侯の保護のもとに制作された細密画。同時期のムガル細密画の影響を無視できないが,主題,画法ともに大いに異なり,ラージプート絵画はヒンドゥー教ことにビシュヌ神信仰と深く結びついて展開した。最も好まれた主題は,若くて美しい牛飼いの青年クリシュナと乳しぼりの乙女ラーダーとの恋である。ビシュヌ神の化身であるクリシュナの伝説は《バーガバタ・プラーナ》に詳しく,12世紀末のジャヤデーバの《ギータゴービンダ(牛飼いの歌)》はクリシュナと牧女との恋を美しくうたい上げている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラージプート絵画
らーじぷーとかいが
16世紀から19世紀前半にかけて、北西インドでラージプート諸王侯の保護のもとに制作された絵画。同時期のムガル帝国の宮廷で発達したムガル絵画の影響も無視できないが、ムガルの細密画が現実的・写実的なのに対して、これはヒンドゥー教、とくにビシュヌ神信仰と深く結び付いて発達した、庶民的な宗教美術である点に特色がある。
 したがって、もっとも愛好された主題は、若く美しい青年クリシュナ(ビシュヌ神の八番目の化身)と牧女ラーダーとの恋物語で、世俗的な表現をとるものの、あくまでも信仰の象徴として描かれている。この二人の恋を現実の男女の姿に仮託して表現する場合もあるが、そこでは男女関係はいくつかの類型に分けられ、それぞれの画面構成が細かく規定された。また、インド古典音楽の旋律理論「ラーガ」と結び付けて視覚化した楽曲画(ラーグマーラー)もつくられている。
 流派は、西部のラージャスターニー派、北部パンジャーブと西部ヒマラヤ地方のバハーリー派に二大別され、前者は平地派、後者は山地派ともよばれる。この二派は、表現技法上の特色によってさらに多くの分派を生んでいる。総じてラージプートの細密画は、鮮明な色彩を濃厚に平面的に塗り、強く細い輪郭線を用いて人物や動物などはかなり写実的に描くが、背景の家や木などは形式化されているのが特色である。[永井信一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ラージプート絵画
ラージプートかいが
Rājpūt
16世紀ごろのラジプターナで始まり,18世紀ごろ最も栄えた西北インドの絵画
光彩と装飾に富み,ヴィシュヌ信仰やそれに関わる庶民的なものがおもな題材で,当時の風俗習慣・日常生活を知る重要な史料

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラージプート絵画」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラージプート絵画の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation