@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラージャスターン【らーじゃすたーん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラージャスターン
らーじゃすたーん
Rajasthan

インド北西端、パキスタン国境に接する州。1956年州再編成により26の県をあわせて誕生した。面積34万2239平方キロメートル、人口5647万3122(2001)。インド有数の人口希薄地(1平方キロメートル当り165人)で、識字率は38.6%(1991)と低く、低開発地域の一つである。ヒンドゥー教徒が多く(85%)、イスラム教徒(6%)がそれに次ぐ。州の中央を北東―南西方向にアラバリ山脈が走っている。この山脈より東はバナス平野、ハドディ高原、デカン高原などからなる起伏のある半乾燥・湿潤地域で、ガンジス川の支流のチャンバル川水系に属しており、チャンバル川用水路や溜池(ためいけ)などによる灌漑(かんがい)が進み、綿花、麦、米が産出される。州内の都市の多くもここに集中する。アラバリ山脈以西は標高400メートル以下の準平原で、タール砂漠が広がっている。このうち東半部はステップ地域でルーニ川水系に属している。灌漑によってキビ、豆類を栽培する耕地が広がり、都市も比較的多い。一方、西半部は完全な砂漠で大砂丘が発達し、人口希薄である。しかし、パキスタン国境には砂漠を緑にするラージャスターン灌漑用水路(インディラ・ガンディー運河)が建設された。産業は農業のほか綿紡績、セメント、ガラス、製糖などの工業が立地する。地下資源に恵まれ、鉛、亜鉛、粘土、大理石、銅、エメラルド、石灰、雲母(うんも)を産出する。主要都市としては、州都ジャイプルのほかウダイプル、ジョドプル、ビカネール、アジメールなどがある。

[成瀬敏郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラージャスターン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラージャスターンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation