@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラーナー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラーナー
Lerner, Abba Ptachya
[生]1903.10.28. ベッサラビア
[没]1982.10.27. フロリダ
ロシア生まれのアメリカの経済学者。ロンドン大学で学び,第2次世界大戦前は L.C.ロビンズ,J.R.ヒックスらとともにロンドン学派に属し,新厚生経済学や独占論などの領域で活躍,J.M.ケインズの『雇用・利子および貨幣の一般理論』出現後はケインジアンとしておもに財政論面で活躍。戦後はアメリカの諸大学を経て 1966~71年カリフォルニア大学教授,その後同大学名誉教授を務めた。 1934年の論文"The Concept of Monopoly and the Measurement of Monopoly Power"で提示した独占度の定式化や,"The Economic of Control" (1944) で展開させたマーシャル=ラーナーの条件で著名。このほか"Essays in Economic Analysis" (1953) ,"Economic of Employment" (1955) などの著書がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラーナー
Rahner, Karl
[生]1904.3.5. フライブルク
[没]1984.3.31. インスブルック
現代ドイツ・カトリック神学を代表する神学者。 1922年イエズス会に入り,48年インスブルック大学教理神学教授。 63年ミュンヘン大学に転じて宗教哲学を講じ,67年からはミュンスター大学で教理神学を教えた。スコラ哲学の伝統に立脚しながら,現代の哲学の深い理解のうえに立って独創的かつ強靭な論理と新しい問題意識により現代に問いかける神学の展開に成功。倦むことを知らない著作家,思想家で,広範な領域にわたる著作,論文の数は 1000をこえる。主要論文を集めた『神学論文集』 Schriften zur Theologie (13巻,1957~78) のほか『信仰基礎論』 Grundkurs des Glaubens (76) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラーナー【Abba Ptachaya Lerner】
1903‐82
ロシア出身の経済学者で,1920年代初めにイギリスに渡る。ロンドン・スクール・オブ・エコノミックスに学び,L.ロビンズに師事した。のちに,ケインズのグループと学問的な接触をもつようになり,ケインズ経済学の生成にも関与する。その後アメリカに渡り,ニュー・スクール・オブ・ソーシャル・サイエンシズ(ニューヨーク),ローズベルト大学(シカゴ),カリフォルニア大学(バークリー)など数多くの大学で教える。 ラーナーの経済学の考え方は,その主著《管理の経済学》(1944)に最も典型的に表れている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ラーナー【Karl Rahner】
1904‐84
ドイツのカトリック神学者,イエズス会士。1934‐36年フライブルク大学でハイデッガーの下で哲学を研究,後オーストリア,インスブルック大学の神学教授になり,第2バチカン公会議まで教鞭を取る。第2バチカンでは,顧問神学者のなかで最も影響力があった神学者。ラーナーの神学の特徴はキリスト教教派間のみならず,広く諸宗教,諸思想との対話を通して現代の問題についてともに考える姿勢にある。公会議後,ミュンヘン大学にグアルディニの後継者として招かれ,後にミュンスター大学教授になり,数々の神学事典,シリーズの編集者,顧問をつとめ,キリスト教内外に影響力をもつ思想家として認められている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

ラーナー
生年月日:1903年10月28日
アメリカ(イギリス生まれ)の経済学者
1982年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラーナー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラーナーの関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)ドビュッシーマッキム・ミード&ホワイトオブレノビチ家ロシア映画プラット修正ボストン・レッドソックスフォト・セセッションキュリー映画館

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation