@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラーマ[1世]【ラーマ】

世界大百科事典 第2版

ラーマ[1世]【Rama I】
1737‐1809
タイの現王朝ラタナコーシン朝の創設者(在位1782‐1809)。トンブリー朝のタークシン王のとき,軍最高司令官となりプラヤー・チャクリPhraya Čhakri(のちチャオプラヤーに昇進)の名を賜った。1782年精神錯乱に陥ったタークシンの後を受けてタイ国王に推挙されると,新都をトンブリー対岸のクルンテープ(バンコク)に移した。15年前に滅亡したアユタヤ朝の繁栄の再現を目ざした王は,弛緩した仏教サンガ規律を経律の結集(けつじゆう)によって立て直し,《三印法典》を定めて国内秩序の基礎を固めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ラーマ[1世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラーマ[1世]の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation