@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラーマティボディ[2世]

世界大百科事典 第2版

ラーマティボディ[2世]【Ramathibodi II】
1472‐1529
タイのアユタヤ朝スワンナプーム王家第8代の王。在位1491‐1529年。トライローカナート王の子。長じて兄ボロマラーチャー3世の副王となり,大守として北タイの要衝ピッサヌロークを治めた。1491年兄の後を継いで王位につくと,しばしばチエンマイ王国に遠征して北方への勢力拡張を図り,南のマラッカに対しては宗主権を主張した。このため,1511年マラッカを占領したポルトガル人アルブケルケは,使節をアユタヤに派遣して了解を求めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ラーマティボディ[2世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラーマティボディ[2世]の関連情報

関連キーワード

イワン3世(大帝)ボナベントゥラマヤーノ李夢陽李夢陽王陽明李夢陽ポントルモタナサカシタナサカシ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation