@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラ行変格活用【ラギョウヘンカクカツヨウ】

デジタル大辞泉

らぎょう‐へんかくかつよう〔らギヤウヘンカククワツヨウ〕【ラ行変格活用】
文語動詞活用形式の一。語形が「ら・有り・有り・有・有れ・有れ」と五十音図ラ行のラ・リ・ル・レ四段の音で語形変化るが、終止形がイ段にるのが他の動詞と異なる。「あ(有・在)り」「居(を)り」「侍(はべ)り」「いますがり」、さらに「あり」の複合した「かかり」「さり」などのがラ行変格活用に属する。ラ変
[補説]中世以降、イ段の終止形「あり」が、ウ段の連体形「ある」にとってかわられて消滅し、四段活用現代仮名遣いでは五段活用)になった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

らぎょうへんかくかつよう【ラ行変格活用】
文語動詞の活用形式の一。語尾が「ら・り・り・る・れ・れ」と活用するもので、「あり」「居り」「侍り」「いまそかり」などの動詞がこの活用に属する。なお、「あり」の複合した「かかり」「さり」「しかり」などの動詞もこの活用である。また、「けり」「たり」「なり」「り」などの助動詞は、ラ行変格活用型の活用をする。ラ行変格。ラ変。 口語ではあり居り侍りが終止形ある居る侍るになって五段活用になり、いまそかりは用いられなくなった

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らぎょう‐へんかくかつよう らギャウヘンカククヮツヨウ【ラ行変格活用】
〘名〙 日本語の文語動詞の活用の型の一つ。略して、「ラ変」「ラ行変格」ともいう。語尾が「ら・り・り・る・れ・れ」と活用するもので、五十音図の四段にわたるが、終止形の語尾が四段活用と異なるところから、これを「変格」と称する。イ段で終止する動詞はこの種類だけである。これに属する動詞は、「あり」「をり(おり)」「はべり」「いますかり」などで、「あり」の複合した「かかり」「さり」「しかり」や「けり」「たり」「なり」「り」などもこの活用をもつ。この活用は口語では失われ、「ある」「おる」は四段活用に転じている。〔中等教科明治文典(1904)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラ行変格活用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラ行変格活用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation