@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラ・テーヌ文化【ラテーヌぶんか】

世界大百科事典 第2版

ラテーヌぶんか【ラ・テーヌ文化】
ヨーロッパの鉄器時代文化。前5世紀,先行するハルシュタット文化系譜を継いで,現在のフランス東部からライン川中流域,ドイツ南部に至る地域で始まり,その後広くヨーロッパ中部,西部地域に広がって,前1世紀まで存続した。1857年,鉄製武器装身具など多量の遺物が発見された,スイスのヌシャテル湖北岸のラ・テーヌLa Tène遺跡によって命名された。ギリシアローマの古典時代作家の記録や,カエサルの《ガリア戦記》に登場するケルト人の残した文化とされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ラ・テーヌ文化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラ・テーヌ文化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation