@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リアクタンス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リアクタンス
reactance
インピーダンスの虚数部。抵抗 R自己インダクタンス L ,電気容量 C が直列に接続された回路のインピーダンスは,複素数表示で ZRiX と書かれる。X は ωL-1/ωC で表され,リアクタンスという。ωは 2πf で交流の角振動数である。ωL>1/ωC の場合,リアクタンスは正で誘導性リアクタンスといい,ωL<1/ωC の場合はリアクタンスは負で容量性リアクタンスという。リアクタンスが存在すると回路の電流は,回路全体に加えられた電圧に対して位相が遅れるか,または進む。誘導性のときは電流は電圧に対して遅れ,容量性のときは進む。ωL=1/ωC を満足する場合はリアクタンスはゼロで,回路は直列共振をしているといい,このときの電流は最大で電圧と同じ位相である。共振振動数 fr である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リアクタンス(reactance)
複素量で表されたインピーダンスの虚数部分。交流抵抗のうち、コイルインダクタンスコンデンサー電気容量による部分。位相を変化させる。単位オーム(Ω)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リアクタンス【reactance】
交流電気回路のインピーダンスŻをベクトルで表示し,RjXのように複素数表示した場合,実数部Rを電気抵抗,虚数部Xをリアクタンスという。単位はオーム(Ω)。角周波数をω(=2πffは周波数)とすると,インダクタンスLの場合,X=ωL,コンデンサーCの場合,となる。抵抗RL,Cの正列回路のインピーダンスŻは,リアクタンスXは,である。【平山 宏之】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

リアクタンス
りあくたんす
reactance

交流回路における交流(正弦波)電流の流れにくさを表す量。エネルギーを消費しない擬似的な抵抗。インピーダンスの虚数部で、サセプタンスの逆数となる。交流回路において電流の流れを妨げる要素は、抵抗、インダクタンス(誘導係数)、キャパシタンス(静電容量)の三つである。抵抗成分(おもに抵抗器)を流れる電流は、抵抗成分の両端の電圧と同位相であるのに対し、インダクター(インダクタンスを生じるもの。おもにコイル)を流れる電流は、インダクターの両端の電圧に対して位相がπ(パイ)ラジアン遅れる。またキャパシター(キャパシタンスを生じるもの。おもにコンデンサー)を流れる電流は、キャパシターの両端の電圧に対して位相がπラジアン進む。この性質は、交流理論で用いられる複素数(実数と虚数単位で表される数)表示では虚数で表される。

 インダクターによるリアクタンスを誘導性リアクタンス、キャパシターによるリアクタンスを容量性リアクタンスという。交流回路のリアクタンスは、回路中の自己インダクタンス、相互インダクタンス、キャパシタンスおよび周波数によってその値が決まる。1ボルトの交流(正弦波)電圧を加えたとき、1アンペアの交流(正弦波)電流が流れるリアクタンスを1オーム(Ω)と定めてある。記号はXで、インピーダンス(記号はZ)と抵抗成分(記号はR)との関係は、ZRjXjは虚数単位)である。

[布施 正・吉澤昌純]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リアクタンス
〘名〙 (reactance) 複素量で表わされるインピーダンスの虚数部分。交流抵抗のうち、コイルのインダクタンスとコンデンサーの電気容量による部分。電流の位相を変化させる。単位オーム(記号Ω)。〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リアクタンス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リアクタンスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation