@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リアス式海岸【リアスシキカイガン】

デジタル大辞泉

リアスしき‐かいがん【リアス式海岸】
《riasはスペイン語で深い入り江の意》浸食で多くの谷の刻まれた山地が、地盤の沈降または海面の上昇によって沈水し、複雑に入り組んだ海岸線をなすもの。スペイン北西部の大西洋岸のガリシア地方や、日本の三陸海岸志摩半島などにみられる。リアス海岸。→ダルマチア式海岸

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

リアス式海岸
りあすしきかいがん

丘陵性ないし山地性の地域において、陸上侵食によって形成された谷が、海面の上昇あるいは地盤の下降のため沈水してできた海岸。海岸線は湾が連なり、出入りに富んでいる。氷食を受けて形成されたフィヨルドとは成因が違う。また、フィヨルドほど水深が深くない。リアスriasは、スペイン北西のガリシア地方、アストリア地方の山地に発達する細長い入り江の名称リアriaおよびリアの多い地方(Costa de Rias Altas)の名称に由来する。

 日本にはリアス式海岸が多数存在するが、代表的な地形は、東北地方の三陸海岸、四国西岸、九州北西岸、若狭(わかさ)湾(福井県)などである。リアス式海岸の湾頭には、漁港、商港が開け、古くから人々は海洋とかかわってきた。リアス式海岸は、単にリアス海岸ということも多い。

[豊島吉則]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リアスしき‐かいがん【リアス式海岸】
〘名〙 (rias coast の訳語) 陸地の一部が地殻変動によって海面下に沈んだためにできた、出入の多い複雑な海岸線と、海に面する急斜面の崖などによって特徴づけられる海岸地形をいう。スペイン北西岸、日本の三陸海岸・熊野灘・紀伊水道などの沿岸に見られる。リアス海岸。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リアス式海岸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リアス式海岸の関連情報

関連キーワード

ベルリン・ドイツ交響楽団リアス海岸カンポストーネーバルボザバレットブランダンベルナルデスマシャド・デ・アシス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation