@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リアリズム演劇【リアリズムえんげき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リアリズム演劇
リアリズムえんげき
realism in the theatre
19世紀における演劇運動の一つ。演技の様式性や装置や衣装を限りなく日常的なものに近づけ,人生の真実を舞台に表現しようとした。必然的に室内劇が多くなり,観客はあたかも見えない壁を通して日常生活をのぞいているかのような「第四の壁」の概念が提唱された。自然主義演劇はリアリズム運動の理論的な成果といえる。劇作家としてはイプセン,ハウプトマン,G.B.ショー,チェーホフ,ゴーリキーら,演出家としては K.スタニスラフスキーがその代表的存在である。 (→社会主義リアリズム演劇 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りありずむえんげき【リアリズム演劇】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

リアリズム演劇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リアリズム演劇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation