@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リアリズム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リアリズム
realism
写実主義,現実主義哲学では実在論と訳される。一般的には,客観的事物をあるがままに,正確に再現しようとする態度。概念として,抽象芸術,古典主義ロマン主義と対立する。美術文学上,この語が用いられるようになったのは,A.コントの実証主義の影響のもとに,理想主義的啓蒙思想と夢幻的ロマン主義への反動として,19世紀中葉に発達した芸術運動による。(→リアリズム〈美術〉,リアリズム〈文学〉)

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

リアリズム
リアリスティック(realistic)なフィクション(fiction)という用語法自体が形容矛盾ではあるが、リアリズムはすべての文学に多かれ少なかれ内在する。リアリズムは普遍的な様式概念としてではなく、より具体的に、19世紀小説の時代様式として考えた方がわかりやすい。19世紀リアリズム小説は、ロマン主義の過剰への反動として成立し、様々な階層の日常的なキャラクターを登場させ、その日々の暮らしを通じて特定の時代、特定の社会を活写した。虚飾を排した平明な文体で、出来事や人物のみならず、話の展開に直接の関係を持たない些事や日常生活の細部を事細かに描出していった。19世紀リアリズム小説の代表的作品には、フランスのギュスターヴ・フロベール『ボヴァリー夫人』(1857年)、ロシアのイワン・ツルゲーネフ『猟人日記』(1852年)などがある。19世紀リアリズムの一流派であり、その方法をより客観主義的、科学的方向に純化したものとして、自然主義がある。自然主義文学は、人間は社会的、歴史的存在であると同時に、生物学的、生理学的原理によって抗しがたく導かれるもの、との基本的立場から、想像力の働きを抑制し、観察の結果を重視した、科学主義的、実験的手法でそんな人間の生態を精密に描き出そうと試みた。自然主義文学の代表作、フランスのエミール・ゾラの『ルーゴン=マッカール叢書』(1869〜93年)に見て取れるように、そこにはそれまでの文学にはない同時代性と社会批判の要素があった。明治後期の日本に導入された自然主義は、私小説という変種を生んだ。私小説は「私」を描き尽くすのではなく、むしろ半透明化された「私」を通して、そこに映じた人間関係や外界を写しとろうとした。それは必然的に、心境小説と化していく。私小説的伝統の残滓を通して、自然主義は今日に至るまで日本文学の現場に、その影をとどめている。
(井上健 東京大学大学院総合文化研究科教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

リアリズム(realism)
現実主義
写実主義
哲学で、実在論。また、実念論

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りありずむ【リアリズム】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

リアリズム【realism】
現実主義に同じ。
写実主義に同じ。
実在論に同じ。
実念論に同じ。フランス語ではレアリスム

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

リアリズム
りありずむ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リアリズム
〘名〙 (realism)
① 事物をありのままに写し出し空想や理想化を排する芸術上の立場。写実主義。写実。
※小説総論(1886)〈二葉亭四迷〉「主実主義(リアリズム)を卑(かろ)んじて、二神教(ヂュアリズム)を奉じ」
② 日常において、現実を第一義とし、現実的・実際的な事柄を重視する立場。現実主義。
※なめくぢ横丁(1949)〈尾崎一雄〉三「リアリズムの世の中ですからね」
学で、実在論。
[語誌](①について) (1)あらゆる時代に見られるが、西洋では特に一九世紀中期以降、実証主義の影響の下にロマン主義への反動としてフランスに始まり各国に波及した。代表作家にバルザック、フロベール、サッカレーディケンズヘッベルケラー、ツルゲーネフ、ドストエフスキートルストイなど。
(2)日本では井原西鶴などの近世文学にも見られるが、近代リアリズムの理念は坪内逍遙の「小説神髄」によって提唱され、二葉亭四迷、尾崎紅葉、樋口一葉などによって継承され、自然主義に発展していった。また、詩歌・美術の領域や写生文などにもこの理念が生かされ、左翼文学では社会主義リアリズムが唱えられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リアリズム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リアリズムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation