@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リア王【リアおう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リア王
リアおう
King Lear
イギリスの作家シェークスピア悲劇。5幕。 1605年頃執筆,初演。古代ブリテンリアは 80歳をこえ,国を3人の娘に分配する決意をする。長女ゴネリルと次女リーガンは言葉巧みに父への愛を表明するが,末娘コーディリアは控え目に答えるだけである。怒ったリアは2人の姉娘に領土を与え,娘を勘当する。しかし姉娘たちはリアを虐待し,狂した彼は嵐の荒野をさまよう。一方,フランス王と結婚したコーディリアはこれを知り,軍を起して父を救おうとするが,逆に捕えられて殺される。人間の権力への過信忘恩,正気と狂気仮象と真実などの問題が,主筋と副筋との緊密な交錯のなかで展開されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リアおう〔‐ワウ〕【リア王】
《原題King Learシェークスピアの四大悲劇の一。5幕。1605~1606年作。ブリテンの老王リアが、長女と次女に裏切られ、誤解して追放してしまった末娘のコーディリアの救いも及ばず、苦悩の末に狂死する。リヤ王

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リアおう【リア王 King Lear】
イギリスの劇作家シェークスピアの四大悲劇の一つ。1605年ころの作。直接的な種本は少し前に出版された作者不明の劇《実録リア王》であったと思われるが,古いケルト民話をもとにしたいくつかの文学作品から題材を得た可能性もある。ブリテンの老王リアは王国を3人の娘に分配する決意を固め,それぞれの娘にその孝心告白を求めるが,追従を口にする姉娘たちとは逆に,末娘コーディーリアCordeliaは朴訥(ぼくとつ)な答えで父を怒らせて親子の縁の断絶を言い渡され,彼女に求婚したフランス王とともに去る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

リア王
りあおう
King Lear

イギリスの劇作家シェークスピアの五幕悲劇。1605年の作と推定される。

 リアはイギリスの伝説的国王で、16世紀の文学にもときどき言及されているが、シェークスピアの扱い方は独自である。リア王にはゴネリル、リーガン、コーデリアの三女があり、老体のため彼女たちに国土を分割しようとするが、二人の姉が心にもない追従(ついしょう)をいうのを聞いて、誠実なコーデリアは腹をたて、わざとすげない応答をするので、父王から追放されてしまう。リアは二人の娘の屋敷に交互に滞留することにしたが、どちらからも耐えがたい冷遇を受けるので、宮廷付きの道化師と忠臣ケントの二人だけを連れて暴風雨の荒野をさまよい、娘の忘恩をののしって狂乱するが、やがて、王もまた一介の人間にすぎず、人間は裸の動物にほかならないことを悟る。

 フランス王妃となったコーデリアは父王の窮状を聞き、父を救うため軍をイギリスに進めるが、最後には敗れ、リアとともに捕虜となり、兵士の手にかかって絞め殺される。リアは彼女の死体を抱えながら悲しみのため絶命する。二人の姉娘は不倫の恋のため身を滅ぼす。以上が主筋であるが、グロスター伯父子のこれに似た副筋が絡んでいる。すなわち、妾腹(しょうふく)の次男エドマンドは父と兄に悪心を抱き、そのため父は両眼を失い、兄は追放の身となる。彼は最後に兄との決闘に敗れて死ぬ。

 シェークスピアの他の作品やこの時代の多くの悲劇と違って、この劇には神の正義が十分に実現されていない。行為と結果との間にギャップがみられるので、シェークスピア悲劇のなかではもっとも実存的であるとの評、現代の不条理劇に似ているという意見もあるが、世界演劇史を通じてもっとも優れた悲劇の一つといわれている。

[小津次郎]

『福田恆存訳『リア王』(新潮文庫)』『『リヤ王』(三神勲訳・角川文庫/斎藤勇訳・岩波文庫)』『小田島雄志訳『シェイクスピア全集28 リア王』(1983・白水社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リアおう リアワウ【リア王】
(原題King Lear)⸨リヤおう⸩ 戯曲。五幕二六場。シェークスピア作。一六〇三~〇六年ごろの作。一六〇六年初演。長女と次女の甘言を信じ、三女のコーデリアの真心を誤解した古代ブリテンの老王リアが、長女・次女の裏切りにあって荒野をさまよい、やがてコーデリアと共に捕えられ、狂死するまでを描く。シェークスピア四大悲劇の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

リア王
リアおう
King Lear
シェークスピアの四大悲劇の1つ
1606年初演。老王リアと3人娘の物語。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リア王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リア王の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation