@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リカード

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リカード
Ricardo, David
[生]1772.4.19. ロンドン
[没]1823.9.12. グロスターシャー,ギャトコムパーク
イギリス古典派経済学の最大の理論家。ユダヤ人の証券仲買人の息子として生れ,11歳から2年間オランダの商業学校に留学して帰国,14歳から父の仕事を手伝い 21歳で独立,のち公債引受人として巨富を得,1819年に事業を引退,同年よりポーターリントン選出下院議員。 1799年 A.スミスの『国富論』に接し経済学に興味をもつ。価値と分配の理論においては今日にいたるまで多大の影響を与え,経済政策面でも 19世紀前半に圧倒的な影響を及ぼす。彼の理論的生涯は 1809~11年に地金論争に参加し名声を得たことに始る。『地金の高価格』 The High Price of Bullion (1810) では金本位制や為替相場に関する地金主義者としてのすぐれた分析を含み,のちの『経済的で安定的な通貨のための提案』 Proposals for an Economic and Secure Currency (16) とともに,20年の兌換再開に多大の影響を与えた。『安価な穀物が資本の利潤に及ぼす影響についての一論』 An Essay on the Influence of a low Price of Corn on the Profits of Stock (15) では差額地代論により地主的穀物法を批判,自由貿易政策を理論的に基礎づけた。 17年の『経済学および課税原理』 On the Principles of Political Economy and Taxationで彼の理論は完全に開花し,労働投入量による価値決定と3階級間の分配法則とが体系化され,商品価値・資本価値と分配上の変化が不変の価値尺度という問題設定により理論的に連係された。 K.マルクスや P.スラッファ,さらに新古典派との理論的関連を含め,今日,彼の経済学史上の位置づけはおびただしい論争を引起している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リカード(David Ricardo)
[1772~1823]英国の経済学者。古典学派の完成者。労働価値説、貿易における比較生産費説などを展開した。「経済学および課税の原理」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リカード【David Ricardo】
1772‐1823
古典派経済学の完成者とみなされ,今日にも大きな影響力を及ぼしているイギリスの経済学者。オランダ生れのユダヤ教徒の株式仲買人の子としてロンドンに生まれ,初等教育だけで14歳から父の見習として働いたが,1793年クエーカー教徒との結婚のため父に義絶された。その後独立の株式仲買人となり,とくに公債引受人として成功し,大きな財産を築いた。1819年42歳のとき,イギリス南西部のグロスターシャーの土地を購入して事業を退き,地金論争(1809‐12)ころからしだいに関心を強めていた経済学面での研究・文筆生活にはいったが,主著刊行時と同様,J.ミルの強制に近いまでの勧告によって同年下院議員となり,耳疾の悪化で急死するまで,その地位にとどまった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

リカード【David Ricardo】
1772~1823 イギリスの経済学者。古典学派の完成者。地金論争や穀物法論争を展開。アダム=スミスの労働価値説から出発、利潤と賃金の対抗関係を説いた。また差額地代説を媒介に、地主階級は資本家階級と労働者階級の共通の敵であると論じた。著「経済学および課税の原理」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

リカード
りかーど
David Ricardo
(1772―1823)
イギリスの経済学者。オランダからイギリスに帰化したユダヤ人の証券取引業者の三男としてロンドンに生まれる。11歳から13歳にかけて、アムステルダムの伯父のもとで商業見習いをし、帰国後、父の仕事に従事した。20歳のとき、クェーカー教徒の娘と結婚したことを契機に、父母からもユダヤ人社会からも離れ、ユニテリアンの宗派に属するとともに、独立した証券取引業者となった。独立後まもなく公債取引などで成功し、イギリスで屈指の証券業者となり、余暇を利用して数学、化学、地質学など自然科学の研究を行うようになった。とくに鉱物の収集には終生興味をもち続けた。
 リカードが経済学に興味をもつようになったのは、1799年、夫人の健康のために滞在していた保養地バースで、アダム・スミスの『国富論』を手にしたことがきっかけである、と伝えられる。1809年、当時の地金(じきん)の高価格と為替(かわせ)の下落の原因をめぐって争われた地金論争に関する論文を『モーニング・クロニクル』に発表して経済時論家としてデビュー、翌年には小冊子『地金の高い価格、銀行券の減価の証拠』などを出版し、地金の高価格の原因を銀行券の過剰発行に求める、いわゆる地金派の代表的論客となった。続いて、穀物の輸入制限を企図する穀物法の是非をめぐって行われた穀物法論争に加わり、1815年には、小冊子『穀物の低価格が資本の利潤に及ぼす影響についての試論』を出版、穀物法は劣等地耕作を進展させ、利潤率の低下に帰結するとの結論を展示して、穀物法反対のための論陣を張った。しかし同年、穀物法は議会を通過してしまい、以降リカードは穀物法撤廃を主張し続けることになるが、穀物法に賛成するT・R・マルサスとの論争を続けるなかで、穀物法反対の論理をいっそう磨いていくために、経済学の研究を深めた。そして、友人ジェームズ・ミルの強い勧めもあって、1817年、主著『経済学および課税の原理』を公刊、これは経済学史のうえで、『国富論』に次ぐイギリス古典派経済学の代表作となった。彼は、経済学者としての名声を得て、19年には下院議員に選出され、経済問題に関する権威として大きな信望を集めるとともに、無党派ではあったが、当時の地主主導の議会を改革するために努力した。他方、彼は議員になってからも経済学研究を進め、主著の改訂(第2版1819、第3版1821)のほか、「公債制度論」(1820)、『農業保護論』(1823)などを発表し、またいくつかの草稿や膨大な書簡を残したが、耳の疾患のため51歳で亡くなった。
 リカードの生きた時代は、イギリスで世界最初の産業革命が進行した時代と重なっており、彼の経済学はその現実の生み出す問題に取り組んだものだった。彼は、産業革命のもたらした労働生産力の飛躍的発展が、イギリスの製造品を安価にし、その輸出を有利にしていること、反面、収穫が逓減(ていげん)していく農業生産はできるだけ縮小し、安価な外国穀物の輸入に頼るべきだとの認識にたった。安価な穀物、安価な製造品は、労働の価格たる賃金を安価にし、経済発展の推進力たる利潤率を増大させるというのがリカードの展望であった。このことは、産業革命のもたらした工場制度が、労働者を商品と同じ法則に服するものにしたことを、リカードが冷厳に理論化したことをも示している。彼は最初、機械の導入は製品を安価にし、労働者にも有利だと考えていたが、のちには、労働者から職を奪う可能性があるとの見解をもち、主著を改訂した。彼は、商品はそれに投下された労働量に比例して交換価値をもつという投下労働価値説をその理論的基礎にしたが、他方で、商品価格が費用と平均利潤を加算したものになるという現象も認めたために、理論的矛盾に悩み、死の直前までこの問題の解決に心血を注いだ。[千賀重義]
『堀経夫他監訳『リカードウ全集』全11巻(1969~78・雄松堂書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リカード
(David Ricardo デービッド━) イギリスの経済学者。アダム=スミスと並ぶ古典学派の代表者。労働価値説・分配論・差額地代論・国際貿易に関する比較生産費説など創見が多く、マルクスにも大きな影響を与えた。主著「経済学及び課税の原理」。(一七七二‐一八二三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

リカード
David Ricardo
1772〜1823
イギリスの経済学者
アダム=スミスの労働価値説を徹底したうえ,分配論や地代論を大成し,古典派(正統派)経済学を確立した。地主・資本家・労働者各階級の利害対立を解明し,穀物法廃止運動の際には,資本家側の立場にたって,廃止を支持した。主著は『経済学および課税の原理』(1817)。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リカード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リカードの関連情報

関連キーワード

スマローコフ噺本蕪村本多髷工藤平助グルベアワイアット鹿の子餅・鹿の子餠安永明和

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation