@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リキニウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リキニウス
Licinius, Valerius Licinianus
[生]?
[没]325. テッサロニカ
ローマ皇帝 (在位 308~324) 。イリュリクムの農民出身。ガレリウス戦友で,彼の支持により正帝に推され (308) ,パンノニア領有。ガレリウスの死 (311) 後,そのヨーロッパの領土併合。小アジアに進出したマクシミヌスと対峙した。 313年メディオラヌム (現ミラノ) にコンスタンチヌス1世 (大帝)と会し,彼の妹コンスタンチアを妻とした。また同年いわゆるミラノ勅令を発してキリスト教寛容を示し,続いてキリスト教側の闘士としてマクシミヌスを打倒西方コンスタンチヌスと帝国を2分して,帝国の東半を支配した。しかし,コンスタンチヌスとの協調は長続きせず,やがてキリスト教迫害策に転じ,324年コンスタンチヌスに敗れテッサロニカに追放された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リキニウス【Valerius Licinianus Licinius】
?‐324
ローマ皇帝在位308‐24年。ガレリウスの友人で,西方正帝に抜擢(ばつてき)されたが領土はイリュリクムのみだった。ガレリウスの死後バルカンを領有し,やがてガリア,イタリアを得たコンスタンティヌス1世に接近してキリスト教を公認し(〈ミラノ勅令〉,313),東方に進出してマクシミヌス・ダイアを倒す。コンスタンティヌスと帝国を二分するが不和となり,320年ころからキリスト教を弾圧,結局コンスタンティヌスとの決戦に敗れてのち処刑された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

リキニウス
りきにうす
Valerius Licinianus Licinius
(270?―324)

ローマ皇帝(在位308~324)。ダキアの農民の出身。ディオクレティアヌスとマクシミアヌスの二人の正帝退位(305)後の混乱のなかで、308年西の正帝に選ばれたが、コンスタンティヌスとマクセンティウスの争いが激化すると、後者と結んだマクシミヌス・ダイアと対立していたリキニウスは、コンスタンティヌスの妹と結婚して彼との結び付きを強めた。312年マクセンティウスが倒され、翌年リキニウスはコンスタンティヌスとともにキリスト教を公認(ミラノ勅令)、さらにマクシミヌス・ダイアを破って東方の支配権を獲得し、コンスタンティヌスと帝国統治を二分した。しかしまもなく両者の対立が強まり、320年リキニウスはキリスト教徒迫害を復活させたが、コンスタンティヌスによって攻撃された。324年に決定的敗北を被ってテッサロニキに抑留され、まもなく処刑された。

[島 創平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リキニウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リキニウスの関連情報

関連キーワード

アレクサンドリア[古代]破棄差戻しエウセビオス[カエサレア]ネアルコス検査役東方正教会南阿蘇(村)山鹿(市)ニケーア公会議香港特別行政区

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation