@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リサジュー【りさじゅー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

リサジュー
りさじゅー
Jules Antoine Lissajous
(1822―1880)

フランスの物理学者。パリのリセ、サン‐ルイの物理学教授。波動に興味をもち、振動の研究で光学的方法を発展させた。1855年、2本の音叉(おんさ)を振動させ、光線をそれらの音叉で順に反射させ、その像をスクリーンに映し出す装置をつくり、単振動の合成を示す図形を得た。このリサジューの図形とよばれる曲線は、今日ではオシロスコープの水平軸、垂直軸にサイン波を引加することにより容易に得られる。1874年よりいくつかのアカデミーの会員を経てパリ科学アカデミー会員となった。

[佐藤 忠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リサジュー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リサジューの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation