@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リソース【リソース】

パソコンで困ったときに開く本

リソース
資源」のことで、パソコンでは、利用中もしくは利用可能なCPUの処理能力、メモリー量、デバイス等を指します。ウィンドウズでは、リソース管理のためにウィンドウズ自身が使用するメモリーを「システムリソース」と呼びます。98やMeなどの古いウィンドウズは、どれだけメモリーがあっても少ないシステムリソースしか利用できない設計だったため、扱うデータや同時に実行するソフトの数が増えるとすぐに空きがなくなり、ハングアップなどの原因になっていました。ウィンドウズXP以降、Vistaや7は設計が変更されており、こうした心配はほぼ解消されています。
⇨CPU、ハングアップ、メモリー

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

リソース(resource)
供給源。資源。財源。
コンピューターが稼働するために必要な、ハードウエアソフトウエアの環境。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

リソース【resource】
資源。財源。資産。
コンピューターで、利用できるハードウエアやソフトウエア。資源。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リソース
〘名〙 (resource)
① 供給源。資源。資産。
② 手段。算段。方策。〔外来語辞典(1914)〕
③ コンピュータで、タスクを処理するために必要なシステム資源。コンピュータを動かすために必要な環境のすべて。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リソース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リソースの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation