@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リチャード(3世)【りちゃーど】

日本大百科全書(ニッポニカ)

リチャード(3世)
りちゃーど
Richard
(1452―1485)
ヨーク朝最後のイギリス王(在位1483~85)。兄エドワード4世が王位につくとグロスター公に叙せられて北部イングランドの統監となり、治績をあげた。また、1483年4月兄の子エドワード5世が即位すると、始めはよく王を補佐したが、6月になると、王が嫡出でないことを理由に廃位し、自ら戴冠(たいかん)して王位に上った。王はまもなく、廃位したエドワード5世とその弟(ヨーク公)をロンドン塔で殺害させた。リチャードは、王位簒奪(さんだつ)の不人気を挽回(ばんかい)するため秩序の維持に努め、貿易をおこして財政改革を志すなど国政に精励したが、十分な成果をあげるまもなく、85年チューダー家のヘンリー(後の7世)とボズワースで戦い、敗死した。かくてランカスター、ヨーク両王家が対抗したばら戦争は終結し、チューダー朝が開かれた。リチャードはシェークスピアの史劇では酷薄非情の悪人に描かれ、その評価は大筋で正しいが、史実と一致しない部分がある。[松垣 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

リチャード(3世)
Richard Ⅲ
1452〜85
イギリス王(在位1483〜85)
ヨーク家最後の王。 (おい) のエドワード5世の摂政となったが,王およびその弟ヨーク公リチャードをロンドン塔閉して王位についた。リッチモンド伯ヘンリ(ヘンリ7世)と戦って戦死シェークスピア『リチャード3世』では悪役であるが,その歴史的評価には諸説がある。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リチャード(3世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リチャード(3世)の関連情報

関連キーワード

リチャード3世ルイリチャード[3世]ルイルターの家エドワード5世ヨーク朝エドワード5世県内の高卒予定者の求人状況平成新山

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation