@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リチャード

デジタル大辞泉

リチャード(Richard)
英国(イングランド)王。
(1世)[1157~1199]在位1189~1199。ヘンリー2世三男即位後、第3回十字軍に出征。帰国後、フランスでフィリップ2世交戦して戦死。勇敢・寛大で、中世騎士の典型とされた。獅子心王
(3世)[1452~1485]在位1483~1485。兄エドワード4世の死後、その子エドワード5世を廃位して即位したが、チューダー家のヘンリー(のちのヘンリー7世)と戦って敗死ヨーク家は断絶し、薔薇戦争終結

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リチャード【Timothy Richard】
1845‐1919
イギリス宣教師。中国名は李提摩太ウェールズに生まれ,英国バプティスト伝道協会に属した。1870年(同治9)に山東省で伝道を開始したが76年(光緒2)に大飢餓を経験し,その救済運動を通じて政治改革の必要を痛感して中国官僚に建言するようになった。洋務派官僚に一定の影響をおよぼしたが,さらに体系的に近代化を促進するため広学会に加入して欧米著述の翻訳につとめた。この結果,変法運動に積極的な影響を与えたが,変法派の挫折以後は政治に消極的になった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

リチャード【Richard】
(一世)1157~1199 イギリス(イングランド)の王(在位1189~1199)。サラディンやフィリップ二世と交戦、国政を顧みなかったが、勇敢な武将として獅子心王と称され、中世騎士の典型とされた。
(三世)1452~1485 イギリス(イングランド)の王(在位1483~1485)。兄エドワード四世の死後、その子エドワード五世をロンドン塔に幽閉し即位、ヘンリー七世と争い敗死、ここに薔薇ばら戦争が終結。シェークスピアは残忍で陰湿な野心家として描いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リチャード
Richard, Thimothy
[生]1845
[没]1919.4.17.
イギリスのバプテスト派宣教師。中国名は李提摩太。中国伝道に尽力し,山東,山西地方の飢饉の際には住民の救済に努力した (1876~77) 。北京キリスト教および一般知識普及会 Society for the Diffusion of Christian and General Knowledgeの主事となる (91) 。 1891年上海で纏足禁止の運動を起し,また山西大学を設立してその学長をつとめた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リチャード
ヨーク(公)」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

リチャード
生年月日:1209年1月6日
イングランド国王ジョンの第2子
1272年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リチャード
(Richard)
[一] (一世) プランタジネット朝のイギリス王(在位一一八九‐九九)。獅子心王。第三回十字軍に出征。帰国後、フランスでフィリップ二世の軍と交戦して戦死。勇敢、寛大で中世騎士の典型とされた。(一一五七‐九九
[二] (二世) プランタジネット朝のイギリス王(在位一三七七‐九九)。エドワード黒太子の子。議会を強化して貴族勢力を抑えたが、のちに専制化したため、不平分子を糾合したランカスター家のヘンリーに捕えられ、議会も廃位を決定。かわりにヘンリー四世が即位してランカスター朝を創立。リチャードは暗殺されたといわれる。(一三六七‐一四〇〇
[三] (三世) ヨーク朝最後のイギリス王(在位一四八三‐八五)。エドワード四世の末弟。兄王の死後、その子エドワード五世およびその弟をロンドン塔に幽閉して王位についたために国民の支持を失い、八五年、後のヘンリー七世の来攻にあって敗北。(一四五二‐八五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リチャード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リチャードの関連情報

関連キーワード

アンドレイ・ボゴリュプスキー浜松大空襲建礼門院右京大夫七条院浄瑠璃寺セルジュークトルコ平重衡フリブール北条政子京セラ[株]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation