@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リチャード2世【リチャードにせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リチャード2世
リチャードにせい
Richard II
[生]1367.1.6. ボルドー
[没]1400.2. ヨークシャー,ポンティフラクト城
イギリス,プランタジネット朝最後のイングランド王 (在位 1377~99) 。エドワード3世の長男エドワード (黒太子) の子。父が早世したため,祖父の王位を継ぎ,神聖ローマ皇帝カルル4世の長女アンと結婚 (82) 。未成年時代は叔父のランカスター公ジョン・オブ・ゴーントの後見を受けたが,W.タイラーの一揆 (81) の際は,みずから反乱の鎮定に努め,成年に達すると親政を宣言 (89.5.3.) 。アイルランド遠征 (94~95) やフランスとの休戦 (96) で威信を高め,フランス王女イザベルと再婚,1397年頃までに後見有力者を次第に駆逐し,専断の傾向をたどった。叔父ゴーントの死 (99) 後,ランカスター家の嗣子ヘンリー・ボリングブルック (のちのヘンリー4世 ) の資産を没収したため,フランスに追放されていたボリングブルックがイングランドに侵入,リチャードはアイルランド遠征から急ぎ帰国したが,すでに立場回復の見込みはなく,降伏 (99) ,譲位した。その後ポンティフラクト城に送られ,原因不明の死をとげた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

リチャード2世
生年月日:1367年1月6日
プランタジネット朝最後のイングランド王(在位1377〜99)
1400年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リチャード2世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リチャード2世の関連情報

関連キーワード

足利義詮足利義詮足利基氏河海抄斯波高経足利義詮忌部正通小山田荘管領太良荘

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation