@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リッター

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リッター
Ritter, Carl
[生]1779.8.7. クウェドリンブルク
[没]1859.9.28. ベルリン
ドイツの地理学者。 1820年以降ベルリン大学教授として,ヨーロッパ諸国の多くの地理学者を育成した。歴史過程や自然史と地理学との関連を主張し,フンボルトとともに現代地理学の創始者とされている。その理論的根底は,J.ペスタロッチの教育原理と J.ヘルダーの人類と環境とに関する理論であるが,世界の正確な知識は自然現象の鋭い観察によって得られるとした。主著に『自然と人類史とのかかわりにおける地理学』 Die Erdkunde im Verhältnis zur Natur und zur Geschichte des Menschen (2巻,1817~18,2版 22~59) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リッター
Ritter, Constantin
[生]1859
[没]1936
ドイツの哲学者,古典文献学者。テュービンゲン大学教授。プラトン研究で知られ,プラトンの作の成年代をその言語使用の面から考察した。主著"Platos Dialoge" (2巻,1903,09) ,"Die Kerngedanken der platonischen Philosophie" (30) ,"Platonismus und Christentum" (34) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リッター
Ritter, Gerhard
[生]1886.4.6. カッセル,バートゾーデン
[没]1967.7.1. フライブルク
ドイツの歴史家。 H.オンケンの教えを受け,1924年ハンブルク大学,25年以降フライブルク大学教授。 44~45年ヒトラーへの抵抗運動に参加して拘禁された。第2次世界大戦後フライブルク大学教授に復帰,ドイツ歴史協議会議長をつとめた。穏健自由主義の立場をとり,特に 19世紀以降のドイツ史,ドイツ軍部の研究で著名。主著『シュタイン伝』 Stein (2巻,1931) ,『フリードリヒ大王』 Friedrich der Grosse (36) ,『権力思想史』 Die Dämonie der Macht (48) ,『政治と軍事』 Staatskunst und Kriegshandwerk (3巻,54~65) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リッター
Ritter, Johann Wilhelm
[生]1776.12.16. シュレジエン,サミッツ
[没]1810.1.23. ミュンヘン
ドイツの物理学者イェナ大学医学を学び,のちそこで教えた。おもに電気,電気化学の研究に従事金属電気化学列に相当する概念提唱 (1798) ,水の電気分解の研究 (1800) ,電気メッキ法の発見,熱電流の先駆的研究 (01) ,乾電池の発明 (02) ,蓄電池の原理 (03) などが知られる。また紫外線化学作用に関する先駆的業績を残した (01) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リッター(Karl Ritter)
[1779~1859]ドイツの地理学者。A=フンボルトとともに近代地理学の樹立に貢献し、人文地理学の方法を確立した。著「地理学」(副題、一般比較地理学)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リッター(liter)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

リッター Ritter, Hermann
1828-1874 ドイツの理化学者。
明治3年(1870)金沢藩の招きで来日するが,金沢へはいかず,K.ハラタマ後任として大阪理学所にはいる。6年東京の開成学校教師となり,わが国の理化学教育の基礎をきずく。明治7年12月25日横浜で病死。46歳。ハノーバー出身。ゲッティンゲン大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

リッター【Gerhard Ritter】
1888‐1967
ドイツの歴史家。ハンブルク大学(1924)を経て,1925‐56年フライブルク大学歴史学教授。ビスマルク研究から出発し,宗教改革時代史にも向かう。1938年以来《宗教改革史雑誌》の編集者。ルター,フリードリヒ大王,プロイセン改革を進めたシュタインの伝記,また権力問題と取り組んだ《権力国家ユートピア》(1940)がある。44年ナチスへの抵抗運動に関係したため収監された。戦後は西ドイツ史学界の指導的存在。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

リッター【Johann Wilhelm Ritter】
1776‐1810
ドイツの化学者,物理学者。ドイツにおけるガルバーニ電気研究の先駆者として,多くの優れた研究を行った。イェーナ大学に入学し,A.vonフンボルトの勧めにより,1797年よりガルバーニ電気の研究を始めた。1800年タンバン(胆礬。硫酸銅を含む鉱物)を電気分解すれば,銅の析出がおこることを見いだした。03年には同一金属のみからなる電堆(充電電堆)を製作して,分極現象を見いだしたが,これは蓄電池の原形と見なされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

リッター【Karl Ritter】
1779‐1859
ドイツの地理学者。近代地理学の創始者といわれる。ケドリンブルクに生まれ,6歳のときから11年間シュネップェンタールで教育者C.G.ザルツマンの汎愛学舎に学ぶ。ハレ大学に2年学んだ後,スイス,イタリアをはじめヨーロッパ各地を旅行,イベルドンにJ.H.ペスタロッチを訪れたことも数回ある。ゲッティンゲンに移り(1813‐16),ここで学びかつ多くの学者と交流し,著作に専念した。《自然および人間の歴史とのかかわりにおける地理学Erdkunde》2巻(1817,18)を著す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

リッター【liter】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リッター【Karl Ritter】
1779~1859 ドイツの地理学者。フンボルトとともに近代地理学の創始者とされる。主著「一般比較地理学」で人文地理学の課題と方法を確立した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リッター
〘名〙 (liter) =リットル(立)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リッター
(Karl Ritter カール━) ドイツの地理学者。フンボルトと並ぶ近代地理学の祖。自然と歴史との関連を論じた。主著「地理学」。(一七七九‐一八五九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リッター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リッターの関連情報

関連キーワード

後桃園天皇ティチングカージャール朝ブロンホフ後桃園天皇平賀源内カージャール朝後桃園天皇浦上玉堂インゲンホウス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation