@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リットン調査団【リットンちょうさだん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リットン調査団
リットンちょうさだん
Lytton Commission
1931年9月満州事変の勃発直後,中国の提訴を受けた国際連盟理事会が実地調査のために派遣した委員会。正式には国際連盟日華紛争調査委員会というが,団長リットン卿の名にちなんでリットン調査団と呼ばれた。 32年1月 14日の理事会で,イギリス,アメリカ,フランス,ドイツ,イタリアの各国委員が任命された。この調査団は2月から日本,中国,満州で実情調査を行い,9月4日,報告書の作成を完了した。『リットン報告書』は,日中両国と連盟諸国に通達され,10月2日に公表されたが,31年9月 18日の日本の軍事行動は正当な自衛措置と認めることはできないとし,また中国の宗主権のもとに満州に自治制度を設けるべきだとしていた。 (→国際連盟脱退 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リットン‐ちょうさだん〔‐テウサダン〕【リットン調査団】
1932年、満州事変調査のため国際連盟より派遣された、リットンを団長とする紛争調査隊。満州国を日本の傀儡(かいらい)国家として否定する報告書を作成した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

リットン調査団
りっとんちょうさだん
1932年(昭和7)2月、満州事変の処理に関して国際連盟が派遣した調査委員会。満州事変は中国によって国際連盟に提訴された。中国が連盟規約第15条による総会開催を請求したのに対し、これを不利とみた日本は、現地への調査団派遣を提案し、31年12月10日の理事会で派遣が決定された。調査団は、インド・ベンガル州総督などを務めたイギリス人のリットン卿(きょう)V. A. G. R. Lyttonを団長に、フランスの軍人クローデル将軍H. E. Claudel、アメリカの軍人マッコイ将軍F. R. MacCoy、イタリアの外交官アルドロバンジ伯L. M. Aldrovandi、ドイツの植民政策研究家シュネーH. Schneeの5人であった。調査団は2月29日東京着、日本政府、軍部、実業界などの代表者と接触ののち、中国へ向かい、3月13日上海(シャンハイ)着、のち1か月にわたり上海、南京(ナンキン)、漢口(かんこう/ハンコウ)、北京(ペキン)などを視察し、4月19日満州へ向かった。6月初旬まで満州で調査し、7月20日から北京で報告書の作成を開始した。報告書は10月1日日中両国へ通達され、2日公表された。日本は、調査団が東京に着いた翌日の3月1日に、「満州国」建国を宣言させ、報告書執筆中に「満州国」を承認し、既成事実で調査団に対抗した。しかし、報告書は、柳条湖(りゅうじょうこ)事件を正当な軍事行動とは認めず、「満州国」建国も中国人の自発的な運動ではないとし、満州を中国の主権の範囲としたうえで、地方的自治政府を設け、非武装地帯となすよう提案した。他方、満州における日本の権益も承認しているが、日本政府は報告書に不満の意を表した。33年2月、日本軍による熱河(ねっか)作戦などが連盟加盟国を刺激し、リットン報告書の採択と「満州国」の不承認を内容とする十九人委員会の報告書が総会で採択されたため、3月27日、日本は国際連盟を脱退した。[君島和彦]
『外務省編『日本外交年表竝主要文書 下』復刻版(1965・原書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

リットン調査団
リットンちょうさだん
Lytton Commission
1931年に起こった満州事変を調査するため,32年,国際連盟が中国の提訴(1931年9月21日)と日本の提案(同年12年10日)にもとづいて満州に派遣した調査団(団長はイギリス人のリットン)
調査団は日本・中国・満州での調査報告をまとめ,1932年10月2日に詳細な報告書を公表した。それは,満州の特殊事情を理解し,日本の権益尊重をうたっているが,満州国の成立を承認できないとしていた。国際連盟総会がこの報告書を42対1で採択したため,1933年3月27日,日本は国際連盟から脱退することを通告した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

リットン調査団
リットンちょうさだん
1932(昭和7)年,満州問題について国際連盟より派遣された調査団
1931年9月満州事変がおこると中国は連盟に提訴,これに対し理事会は紛争の不拡大と領土保全を決議し,日本の軍事行動停止を勧告した。一方,アメリカ・フランス・ドイツ・イタリア・イギリスの各国委員よりなる調査団(イギリス人リットン卿が委員長)を'32年3月現地に派遣。同年10月報告書を公表。日本の行為を侵略とみなし中国の主権を認めながら満州における日本の特殊権益を認める妥協的結論を示し,日中間に新条約締結を提案したが,日本はこれを不満とし,'33年3月,連盟を脱退した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リットン調査団」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リットン調査団の関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation