@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リップマン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リップマン
Lipmann, Fritz Albert
[生]1899.6.12. ケーニヒスベルク
[没]1986.7.24. ニューヨーク,ポキプシー
アメリカの生化学者。ケーニヒスベルク,ベルリン,ミュンヘン各大学で医学を学び,1926~30年,カイザー・ウィルヘルム研究所で近代生化学の父 O.マイアーホーフに師事。 39年アメリカに渡り,44年帰化。 49~57年,ハーバード大学医学部生化学教授。 57年ロックフェラー医学研究所教授。ビタミンB,代謝における高エネルギーリン酸結合コエンザイム (補酵素) Aなどを研究した功績で,53年にはイギリスの生化学者 H.クレブズとともにノーベル生理学・医学賞受賞

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リップマン
Lippmann, Gabriel
[生]1845.8.16. ルクセンブルク,ホレリヒ
[没]1921.7.13. 海上
フランスの物理学者。パリおよびドイツで学び,パリ大学物理学教授 (1883) 。科学アカデミー会員 (83) ,同会長 (1912) 。毛管電気現象の研究を手がけ,1873年に毛管電位計を発明した。また干渉を利用して初のカラー写真法を開発 (1891) 。ほかに無定位電流計,加速度地震計の考案や,圧電気を示唆したことで知られる。 1908年ノーベル物理学賞を受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リップマン
Lippmann, Walter
[生]1889.9.23. ニューヨーク
[没]1974.12.14. ニューヨーク
アメリカの政治評論家,社会心理学者。ハーバード大学卒業。 1914年雑誌『ニュー・リパブリック』の創刊に参加,21年『ニューヨーク・ワールド』の論説執筆者を経て,31年共和党系の『ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン』のコラムニストになり,「今日と明日」欄でアメリカの外交・政治・社会問題に健筆をふるった。 58年および 62年ピュリッツァー賞受賞。名世論』 Public Opinion (1922) では,世論を社会心理学的現象とみなしてその非合理的性格を強調,大衆社会論への基礎をつくった。ほかに『幻の公衆』 The Phantom Public (25) ,"The Cold War" (47) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リップマン(Gabriel Lippmann)
[1845~1921]フランス物理学者。毛管電位計を発明。光の干渉を利用したカラー写真法に成功し、1908年ノーベル物理学賞を受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リップマン(Walter Lippmann)
[1889~1974]米国ジャーナリスト・評論家。自由主義立場から政治・社会問題を論じた。著「冷たい戦争」「世論」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リップマン【Gabriel Lippmann】
1845‐1921
フランスの物理学者。エコールノルマル・シュペリウールで学んだ後,1873年科学使節としてドイツにいき,後に高感度の毛管電位計の開発につながる,電気的極性と表面張力との間の関連について研究した。75年,この電気毛管現象の研究によりソルボンヌ大学学位を取得,86年から同大学の実験物理学教授。1881年干渉現象に基づいたカラー写真を考案,くふうを重ねて91年実験に成功,この研究によって1908年ノーベル物理学賞を受賞した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

リップマン【Walter Lippmann】
1889‐1974
20世紀アメリカを代表するジャーナリスト。ユダヤ系ドイツ移民のひとりっ子としてニューヨークに生まれた。1906年ハーバード大学に入学(同級生に《世界をゆるがした10日間》の著者ジョン・リードがいた),哲学を勉強し,社会主義に傾いたが,10年5月哲学者サンタヤーナの助手を辞してジャーナリストへの道を踏み出す。7月からはマックレーカーズの代表格L.ステッフェンズの取材を手伝った。13年春,処女作《政治学序論》を出版して好評を得た。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

リップマン【Fritz Albert Lipmann】
1899~1986 ドイツ生まれのアメリカの生化学者。生体内でのエネルギー交代に高エネルギーリン酸結合が重要な役割を果たすことを明らかにした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リップマン【Lippmann】
Gabriel L. 1845~1921 フランスの物理学者。電気・光学を研究し、毛管電位計を発明。また、光の干渉を応用した天然色写真法を考案。
Walter L. 1889~1974 アメリカの政治評論家。新聞コラムを担当、「冷たい戦争」の言葉を生むなど政治・社会問題に健筆をふるった。著「世論」で世論の非合理性を指摘。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リップマン
[一] (Gabriel Lippmann ガブリエル━) フランスの物理学者。毛管電気計とカラー写真を発明した。一九〇八年ノーベル物理学賞受賞。(一八四五‐一九二一
[二] (Fritz Albert Lipmann フリッツ=アルバート━) ドイツ生まれのアメリカの生化学者。エネルギー代謝を研究。一九五三年ノーベル生理学・医学賞受賞。(一八九九‐一九八六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

リップマン
リップマン
Lipmann, Fritz Albert

ドイツ生まれのアメリカの生化学者.ケーニヒスベルク大学,ベルリン大学,ミュンヘン大学で学び,1924年ミュンヘン大学でM.D.を取得.アムステルダム大学でのフェローシップの後,ケーニヒスベルク大学へ戻って化学を学び,カイザー・ウィルヘルム協会研究所の助手となり,1927年Ph.D.を取得.その後,ハイデルベルク大学,カイザー・ウィルヘルム協会研究所,ロックフェラー研究所,カールスベア生物学研究所で研究を行った.1939年アメリカに渡り,コーネル大学,ハーバード大学などで研究を行った.アデノシン三リン酸(ATP)などの高エネルギーリン酸結合の概念を確立し,1945年TCAサイクル(クエン酸回路)などの代謝において重要な役割を果たすコエンザイムA(CoA)を発見した.この功績により,1953年H. Krebs(クレブス)とともにノーベル生理学医学賞を受賞した.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リップマン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リップマンの関連情報

関連キーワード

リジェンダーイェーツゴーリキー(Maksim Gor'kiy)チェーホフ[各個指定]芸能部門童謡誌おてんとさん自動車フィンランディアパテルノストロパブロワ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation