@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リトマス試験紙【リトマスシケンシ】

デジタル大辞泉

リトマス‐しけんし【リトマス試験紙】
リトマス溶液を濾紙(ろし)に染み込ませて乾燥したもの。色と赤色の二種がある。試料溶液に入れて酸性アルカリ性を簡便に判別するのに用い、で赤変、アルカリで青変する。
(比喩的に)対立する二つの意見、方策などの是非、真偽、効能を判定する資料となるもの。「今後の動向を占うリトマス試験紙となる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

リトマス試験紙
 リトマス紙ともいう.コケの色素を紙に浸み込ませたもので,酸性で赤,アルカリ性で青になるため,その判定に使う.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リトマスしけんし【リトマス試験紙 litmus paper】
試料溶液が酸性であるかアルカリ性かを判定するために用いられる試験紙の一つ。赤色のものと青色のものとがある。それぞれリトマスのアルコール溶液に少量の塩酸またはアンモニアを加えて赤色または青色とし,これにろ紙を浸して乾燥してつくる。変色域はpH5.0~8.0で,赤色試験紙はアルカリ性溶液に浸せば青変(酸性溶液では不変),青色試験紙は酸性溶液で赤変(アルカリ性溶液では不変)する。【中原 勝儼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

リトマス試験紙
りとますしけんし
litmus paper

リトマス溶液を濾紙(ろし)にしみ込ませて乾燥した試験紙で、溶液の酸性、アルカリ性を検出するのに用いられる。青色と赤色の2種類ある。青色のものは、リトマスのアルコール溶液に少量のアンモニアを加えた溶液に浸し、赤色のものは塩酸を加えた溶液を用いてつくる。変色域はpH4.5~8.3で、精度はあまりよくない。酸性色は赤色、アルカリ性色は青色である。赤色のリトマス試験紙を溶液に浸して青色になればその溶液はアルカリ性であり、青色のものを浸して赤色になれば酸性である。

[成澤芳男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リトマス‐しけんし【リトマス試験紙】
〘名〙 リトマス溶液に濾紙を浸して乾かしたもの。溶液や気体の酸性・塩基性の判定に用いる。酸性で赤、塩基性で青を呈す。変色域は水素イオン濃度五~八程度。また、物事の価値などを判定する手掛かりや基準となるものをたとえてもいう。リトマス紙。〔稿本化学語彙(1900)〕
※文学の根本問題(1958‐59)〈中島健蔵〉五「人間観に関するリトマス試験紙」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リトマス試験紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リトマス試験紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation