@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リバイバル

デジタル大辞泉

リバイバル(revival)
[名](スル)
一度すたれたものが、見直され、再びもてはやされること。再評価。「60年代のヒット曲がリバイバルする」「リバイバル映画」「リバイバルブーム」
キリスト教で、信仰の原点に立ち返ろうとする運動。18世紀英国のJ=ウェスリーによるメソジスト運動、1870~1890年代のDムーディによる全米的大衆伝道などの例がある。信仰復興。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

リバイバル
りばいばる
Revival of Religion
Revivalism

宗教学上、広義には宗派における熱気を伴う信仰復興の意。狭義には、プロテスタントにおける、大ぜいの人々を一か所に集めて説教を行い、聴衆をその場で深い回心にまで導こうとする福音(ふくいん)主義運動のこと。説教者のメッセージは悔い改めと神の恵みを求めて叫ぶ比較的簡単なもので、大衆はある種の高揚状態のなかでそれに答えるように回心する。説教の方法はさまざまであるが、アメリカ西部でのキャンプ・ミーティングの場合のように、熱狂的、暴力的なものになることも少なくなかった。その影響はとくにアメリカで大きく、メソジスト、バプテストの発展を促す一方、伝統的カルビニズムが後退する一因ともなった。アメリカ中を巡回したホイットフィールド、大都市での福音運動を成功させたフィネー、ビジネスの方法や聖歌隊を導入したムーディ、ラジオやテレビなどのマスコミを組織的に利用したビリー・グラハムなどが、その代表的指導者として有名である。

[野村文子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リバイバル
〘名〙 (revival)
① キリスト教で、信仰復興、宗教復興の意。信者の信仰が励まされ、未信者が信仰に導かれること。また、そうした宗教運動の起こること。
※後世への最大遺物(1897)〈内村鑑三〉一「其時分に東京には奇体な現象があって、それを名けてリバイバルと云ふたのです」
② 古い映画、演劇、流行歌などを、再び上映・上演すること。「リバイバルソング」
※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉紐育雑記「マロウと合同して沙翁劇リヴァイバルを企て」
③ 一度、顧みられなくなったものが、また見直されること。再評価。
※夜を待つ人(1963)〈菊村到〉冷たく甘く「昨年は、いわゆるリバイバルで古典的なもの、〈略〉凝った装飾ふうなデザインがよろこばれたようです」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リバイバル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リバイバルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation