@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リヒトホーフェン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リヒトホーフェン
Richthofen, Ferdinand von Wilhelm
[生]1833.5.5. カルルスルーエ
[没]1905.10.6. ベルリン
ドイツの地理学者地質学者。 1860年ドイツ極東経済使節団に加わり,セイロン (現在のスリランカ) ,日本,台湾,セレベス (スラウェシ) ,フィリピン,マレー半島などを訪れた。 63~68年カリフォルニアで地理学的調査に従事。 68年極東に帰り中国奥地を旅行。 72年ドイツに帰り,75~79年ボン大学で地理学を教えた。ベルリン地理学協会会長であり,ベルリン国際地理学協会やベルリン海洋学会などを創設。中国をおもな研究地域として,地理学方法論の発展に貢献した。さらにこれまで地質学の一分野であった大陸海底地形に関する地形学を樹立した。主著に『中国』 China,Ergebnisse eigener Reisen und daraufgegründeter Studien (5巻,1877~1912) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リヒトホーフェン
Richthofen, Manfred, Freiherr von
[生]1892.5.2. ドイツ,ブレスラウ(現ポーランド,ウロツワフ)
[没]1918.4.21. フランス,ソンム
ドイツの空軍軍人男爵。第1次世界大戦中,戦闘機中隊を率いて活躍。編隊による戦闘技術を創案した。みずからも真紅に塗った3枚翼のフォッカー機に搭乗し,「レッド・バロン」 (赤い男爵) の異名をもつ。撃墜数は未曾有の 80機 (イギリス機 79,ベルギー機1) を記録したが,ソンム上空で戦死

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リヒトホーフェン(Ferdinand von Richthofen)
[1833~1905]ドイツの地理・地質学者。東南アジア・中国などの自然・地質を調査し、黄土成因論を発表。東西交渉路をシルクロード名した。「中国」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リヒトホーフェン【Ferdinand Freiherr von Richthofen】
1833‐1905
ドイツの地理学者。カールスルーエ貴族家柄に生まれる。当初は地質学者としてアルプスやカルパチ山脈の地質調査に従事していたが,1860年より中国を中心とした東アジアの調査に参加,その成果を《中国》全5巻(1877‐1912)の大著にあらわした。帰国後,ボン大学(1877‐83),ライプチヒ大学(1883‐86),ベルリン大学(1886‐1905)の地理学講座を主催し,近代地理学の発展に大きな影響を与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

リヒトホーフェン【Ferdinand von Richthofen】
1833~1905 ドイツの地質学者・地理学者。中国の黄土層の風成説を唱えるなど、現代の自然地理学に先駆的役割を果たした。シルクロードの命名者。著「中国」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リヒトホーフェン
(Ferdinand Freiherr von Richthofen フェルディナント=フライヘア=フォン━) ドイツの地理学者、地質学者。東南アジア、中国などの自然や地質を踏査し、黄土成因論を発表。東西交渉路をシルクロードと命名した。野外観察に基づく地表の学としての地理学の理論的基礎を確立した。主著「支那」全五巻。(一八三三‐一九〇五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

リヒトホーフェン
Ferdinand Baron von Richthofen
1833〜1905
ドイツの地理学者・地質学者
プロイセン政府の命で東アジア探検隊に参加し,ジャワ・日本・台湾を旅行。また,東西交渉路を“ザイデンシュトラーセン”と命名したところから,その英語名“シルク−ロード”が一般化。シルク−ロードの命名者となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リヒトホーフェン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リヒトホーフェンの関連情報

関連キーワード

ハーシェルしし(獅子)座流星群ライエルリュードクロスビースロイスフロランマーシャルルボウスキー島津重豪

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation