@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リビドー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リビドー
libido
精神分析の用語。 S.フロイトによれば,性本能を発現させる力またはエネルギーで,快感追求的な性質をもつ。いわゆる性欲よりは広い概念で,小児期から存在して人間行動を強く支配し,口愛期,肛門愛期,男根期,潜在期性器愛期と発達して次第に性愛の対象へ注がれるようになる。これが抑圧されると神経症的症状となって現れるし,対象へ向わず自己へ向けられるとナルチシズムに陥るとした。のちにフロイトは死の本能に対する生の本能の原動力にまで広げて用いた。 C.G.ユングはあらゆる衝動源泉となる心的エネルギーをさすのに用いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リビドー(〈ラテン〉libido)
精神分析で、人間に生得的に備わっている衝動の原動力となる本能エネルギー。フロイトは性本能としたが、ユングは広く、すべての行動の根底にある心的エネルギーとした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リビドー【libido】
本来ラテン語で強い〈欲望〉を意味する語。性科学者モルA.Mollは,これを〈性衝動〉の意味,つまりリビドー・セクスアリスlibido sexualisの意味に限定して用い(1898),さらにS.フロイトによって精神分析理論の一核心をなすリビドー理論に導入されることになる。フロイトはこの用語をモルから借用したと述べている。フロイトのリビドー概念は彼の生涯の間で変遷した。初期の理論では,リビドーとは性的なエネルギー(その表現は多様な心的・身体的表現をとりうる)であり,〈自己保存本能〉(自我本能)とは対立するものとされていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

リビドー
りびどー
libido

精神分析の用語。もとはラテン語で欲望、欲情を意味するが、A・モルAlbert Moll(1862―1939)は性衝動という意味に用いた(1898)。また、S・フロイトはこれを借用して、人間に生得的に備わっている「本能」エネルギーという意味で、この語を精神分析の概念として使った(1905)。

[久保田圭伍]

フロイトのリビドー観

フロイトの本能についての考え方は3回変わるが、それに応じてリビドーの見方も変化した。初期(1905~1914)においては、リビドーは自我本能(自己保存の本能)に対立している性本能(種族保存の本能)に基づく性的エネルギーという意味で用いられた。中期(1914~1920)になると、自我本能は性本能の一部とみなされた。つまり性本能は、リビドーが自己以外の対象に向けられた対象リビドー(対象愛)と自己に向けられた自我リビドー(自己愛(ナルシシズム))とに分けられ、自我本能は後者の特殊な形態と考えられた。晩年(1920年以降)、第一次世界大戦を契機として、フロイトは生の本能eros instinctに対立するものとして、死の本能death instinctを提唱した。これは、死によって無機物の不変性に回帰しようとする欲求であり、タナトスthanatosあるいはデストルドーdestrudoとかモルティドーmortidoともよばれている。これに対し生(エロス)の本能は、より大きな統一を生み出し、それを維持しようとする統合の欲求である。フロイトは、この生(エロス)の本能によって用いられるエネルギーをリビドーとよんだのである。

 リビドーという概念は、19世紀に急速に発達した物理学のエネルギー保存の法則の影響を受けたと考えられる。たとえば、対象リビドーが減少すると、自我リビドーが増大するというように。このようにリビドーは量的な概念であるというところにその特徴がある。

 本能エネルギーとしてのリビドーは、人間に生得的に備わっているが、人間の成長とともに次のような段階を経て発達する。口唇期、肛門(こうもん)期、男根期(エディプス期ともいう)などを経て性器期に至る。リビドーはこれらの各段階に対応した性感帯と充足の目標あるいは対象をもつが、充足が得られず、リビドーが鬱積(うっせき)すると不安を生み出す(鬱積不安という)。また、リビドーがある対象に向けられたままの状態にとどまっているとき、それを固着とよぶ。これはさらに発達の逆戻り、すなわち退行を引き起こす。このように、リビドーがそのエネルギーの放出する道を断たれて蓄積されていくと、やがて神経症の症状形成がなされることになる。

[久保田圭伍]

フロイト以後

フロイト以後、リビドーということばは多数の研究者によって用いられたが、その意味するところは一定しているわけではない。フロイトの場合、リビドーは性的要素が濃厚であった。しかしそれだけに限定せずに、広く心的(精神的)エネルギーの意味をも含めてこの語を用いる人たちもいる。フロイトから決別して分析心理学を創始したユングはその代表的人物で、彼はリビドーが象徴(シンボル)によって変容し、それによって種々の精神的な創造活動が生じると考えた。

[久保田圭伍]

『S・フロイト著、懸田克躬訳『精神分析学入門Ⅱ』(2001・中央公論新社)』『C・G・ユング著、野村美紀子訳『変容の象徴』上下(ちくま学芸文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リビドー
〘名〙 (libido)⸨リビド⸩ フロイトの精神分析学の基礎概念で、性的本能に基づく衝動のこと。人格の発達段階はこのリビドーの向けられる対象や固着から説明される。ユングのようにリビドーを性的本能に限らない立場もある。〔モダン辞典(1930)〕
※就眠儀式(1935)〈木々高太郎〉一「且つ、君に対してリビドを向けて来ると言ふやうにもなるだらうと思ふね」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リビドー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リビドーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation