@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リベラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リベラ
Ribera, José(Jusepe) de
[生]1591.2.17. 〈洗礼〉ハティバ
[没]1652.9.2. ナポリ
イタリアで活躍したスペインの画家。バレンシアで F.リバルタに師事したとされる。若くしてイタリアに渡り,パルマ,パドバ,ローマで修業し,当地ではロスパニョレット (小さいスペイン人) と呼ばれた。 M.カラバッジオの深い明暗法の影響を受けた写実主義的作風を確立。 1616年以降スペイン支配下のナポリ定住宮廷修道院壁画を描き,版画デッサンなども多数制作。主要作品は『聖アンドレアスの殉教』 (1628,ブダペスト国立美術館) ,『曲り足の少年』 (42,ルーブル美術館) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リベラ
Rivera, Diego
[生]1886.12.8. グアナフアト
[没]1957.11.25. メキシコシティー
メキシコの画家。サン・カルロス美術学校で学んだのち政府の奨学金を得てヨーロッパに長期留学。 1911~20年スペインからパリに出てキュビスムの影響を受け,20~21年イタリアルネサンスフレスコ画を学び,21年帰国後,社会主義政府の新しい建造物のために壁画装飾を担当。メキシコシティー国立宮殿,文部省などの大壁画を制作した。またアメリカにおいても,30~33年カリフォルニアの株式取引所,デトロイトのインスティテュート・オブ・アートなどの壁画を手がけた。彼の社会主義リアリズムは民族芸術の形式と階級闘争の諸課題を結びつけることによって実現され,これによってメキシコの現代芸術を力強く推進した。夫人のフリーダ・カーロもメキシコの代表的画家として知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リベラ
Rivera, José Eustasio
[生]1889.2.19. ネイバ
[没]1928.2.19. ニューヨーク
コロンビアの小説家。近代主義的な作風で熱帯の自然と生活をうたい上げたソネット集『約束の地』 Tierra de promisión (1921) で詩人として出発。その後アマゾン川上流の奥地に旅行,この体験をもとに,圧倒的な大自然の脅威のもとで人間性を喪失していくゴム園労働者の悲惨な現実を描いた『渦巻』 La vorágine (24) で国際的な名声を得た。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リベラ
Rivera, José Fructuoso
[生]1790? パイサンドゥ
[没]1854
ウルグアイの政治家,軍人。大統領 (在任 1830~35,38~42) 。 J.アルティガスとともにスペインからの独立運動を指導。 1830年初代大統領,38年第2代大統領。コロラド (赤) 党を組織し,M.オリベブランコ (白) 党と派閥争いを展開,43年アルゼンチンの独裁者 J.ロサスに支援されたオリベによりモンテビデオ包囲攻撃され,45年の戦闘に敗れてブラジルに亡命,53年ウルグアイ臨時政府高官の一人に加えられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リベラ
Rivera
ウルグアイ北部,リベラ県の県都。ブラジルとの国境沿いに連なるサンタアナ丘陵上に位置する町で,国境をへだててサンタナドリブラメントに相対する。背後に農牧地帯を控え,その商工業中心地として,穀物,野菜,果実ウシなどを集散し,織物,たばこ,装飾タイルなどの工場がある。首都モンテビデオからドゥラスノタクアレンボを経てブラジルへ通じる鉄道,道路が通り,ブラジルとの取引も盛ん。人口5万 6335 (1985) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リベラ(Diego Rivera)
[1886~1957]メキシコの画家。力強い色彩と造形感覚で、メキシコの神話歴史民衆の生活をテーマに多くの壁画を制作。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リベラ(José de Ribera)
[1591~1652]スペインの画家。主にイタリアで活躍。劇的な明暗法と徹底した写実を特色とし、宗教画を多く描いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リベラ(Rivera)
ウルグアイ北部の都市。ブラジルとの国境に位置し、同国のサンタナ‐ド‐リブラメントという都市と隣接する。両国友好を記念して建てられたオベリスクがある。首都モンテビデオとブラジルを結ぶ鉄道・幹線道路が通る交通の要地。周辺に農牧地帯が広がり、農産物集散地となっている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リベラ【Diego Rivera】
1886‐1957
メキシコの画家。グアナフアト生れ。オロスコ,シケイロスとともに壁画の画家として有名。1896年サン・カルロス美術学校入学。1907年奨学金を得てマドリード,パリに滞在する。この時期にキュビスム風の絵画を描く。20年シケイロスに出会い,ヨーロッパ絵画の移入に終始していたメキシコ画壇に抗して革命後の新時代にふさわしい芸術を民衆のために興そうという考えに共鳴し,壁画研究のためイタリアを旅行し,21年帰国するや,国立高等学校(1922),チャピンゴ農学校(1926‐27),国立宮殿(1925‐35)などの壁画を精力的に制作した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

リベラ【José de Ribera】
1591‐1652
スペインの画家。バレンシア県ハティバJátivaに生まれ,ナポリ近郊ポシリポPosillipo。リバルタの工房で学んだという説もあるが不明。若くしてイタリアに渡り,スペイン領であったロンバルディアパルマで数年を過ごし,遅くとも1615年にはローマにいた。その間,チンクエチェント(16世紀)の巨匠たちやカラバッジョの作品,さらに古典彫刻を学び,16‐17年以後スペインの副王領ナポリに定住,歴代副王の宮廷画家として活躍した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

リベラ【José Eustasio Rivera】
1889‐1928
コロンビアの作家。オリノコ川の平原(リャノ)とアマゾンの低地を舞台にし,ゴム園の労働者の生態を描いた《大渦巻》(1924)は,ガリェゴスの《ドニャ・バルバラ》とともに〈大地小説〉の傑作と評価されている。彼自身も熱帯密林の生活を体験し,この作品は主人公アルトゥロ・コバの姿をかりた自伝小説でもある。【神代 修】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

リベラ
[一] (Diego Rivera ディエゴ━) メキシコの画家。ヨーロッパでキュービズムの影響を受けたのち帰国し、民衆芸術と社会主義思想の影響を強く受けたダイナミックな作品を制作。多くの壁画制作によって知られる。代表作は大フレスコ「アラメダ公園における日曜の午後の夢」など。(一八八六‐一九五七
[二] (José (Jusepe) de Ribera ホセ(ジュゼペ)=デ━) スペインの画家。スペインの支配下のナポリで活躍。カラバッジョの作風を継承し、明暗の巧みな対比と鋭い写実主義をもって、多くの宗教画を制作。スペイン、イタリアのバロック絵画に大きな影響を及ぼす。代表作は「マギーの礼拝」など。(一五九一‐一六五二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

リベラ

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リベラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リベラの関連情報

関連キーワード

日本のおもな城九戸政実グレンビルインノケンチウス9世太閤検地伊達政宗本願寺身分統制令安土桃山時代(年表)昭和南海地震

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation