@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リボヌクレオチド

栄養・生化学辞典

リボヌクレオチド
 リボヌクレオシドのリン酸エステル.リボ核酸RNA)の構成成分で,その主たるものは,アデニル酸シチジル酸ウリジル酸グアニル酸である.また塩基部分がヒポキサンチンであるイノシン酸はうま味成分として利用されている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りぼぬくれおちど【リボヌクレオチド】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

リボヌクレオチド
リボヌクレオチド
ribonucleotide

リボヌクレオシドのリン酸エステルの総称.ヌクレオシドの名称によって,それぞれアデニル酸グアニル酸シチジル酸ウリジル酸という.RNAはリボヌクレオチドが3′,5′-リン酸エステル結合で架橋重合したポリヌクレオチドであるが,ヌクレオシドのヒドロキシ基の位置により3種類の異性体が存在する.RNAをアルカリ分解すると,リボヌクレオシド2′,3′-環状リン酸を経て,ヌクレオシド2′-リン酸と3′-リン酸がほぼ1:1で生成する.リボヌクレアーゼ T2 で分解するとヌクレオシド3′-リン酸が,ヘビ毒ホスホジエステラーゼなどで分解するとヌクレオシド5′-リン酸が特異的に得られる.生体中に遊離で存在するヌクレオチドは,大部分が5′-リン酸である.これらの遊離ヌクレオチドにリン酸がピロリン酸結合により,2個以上結合した5′-ジリン酸,5′-トリリン酸は,高エネルギーリン酸化合物とよばれ,いろいろな生合成経路において前駆物質として,またリン酸供与体としてはたらくとともに,補酵素の構成成分となる.たとえば,上記リボヌクレオシド類の5′-トリリン酸に相当するATP,GTP,CTP,UTPは,RNA生合成における直接の前駆物質である.とくに,ATPは生体内のエネルギー代謝においてもっとも重要な化合物であるとともに,NAD,FAD,CoAなどの補酵素に取り込まれている.ほかの5′-ジリン酸,5′-トリリン酸類についても,それらの機能が解明されてきている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リボヌクレオチド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リボヌクレオチドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation