@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リュッツェンの戦い【リュッツェンのたたかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リュッツェンの戦い
リュッツェンのたたかい
Battle of Lützen
ドイツ,ライプチヒ近郊のリュッツェンで戦われた三十年戦争の戦いの一つ。 1630年7月ドイツに侵入したスウェーデン王グスタフ2世 (グスタフアドルフ) は連戦連勝,破竹の勢いで進撃し,ミュンヘンに迫った。これに対し皇帝軍は A.ワレンシュタインに率いられて立向い,32年 11月 16日両軍はリュッツェンで衝突した。実力伯仲の両軍は互いに譲らず混戦となり,グスタフ2世は戦死した。しかしスウェーデン軍は陣形立直し,皇帝軍は混乱のうちに敗走した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

リュッツェンの戦い
りゅっつぇんのたたかい
三十年戦争中の戦い。リュッツェンLtzenはドイツのライプツィヒ南西の地名。1629年以来新教徒の擁護を口実にドイツに侵入していたスウェーデン王グスタフ・アドルフは、ザクセン・ワイマール公ベルンハルトとともに、32年11月16日、神聖ローマ皇帝軍総司令官ワレンシュタインとこの地で会戦した。戦闘はスウェーデン側の勝利となったが、グスタフはこの戦いで戦死した。[中村賢二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リュッツェンの戦い」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リュッツェンの戦いの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation