@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リュミエール(兄弟)【りゅみえーる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

リュミエール(兄弟)
りゅみえーる
兄オーギュストAuguste Lumire(1862―1954)、弟ルイLouis Lumire(1864―1948) フランスの映画発明家、製作者。オーギュストは10月19日、ルイは10月5日ともにブザンソン生まれ。父は写真家で、一家はリヨンで写真乾板工場を経営していたが、エジソンののぞきからくり式の「キネトスコープ」をもとに、現在の映画と同じ原理でフィルムをスクリーン上に映写する装置を発明、1895年2月に撮影機兼映写機「シネマトグラフ」の特許をとった。これは大ぜいの観客が同時に映像を見られる点で画期的であり、95年12月28日からパリで行われた初の有料一般公開は大成功を収め、翌年からは兄弟が外国に派遣した多数のカメラマンが宣伝と撮影を行うなど世界的発展を遂げて、今日の映画の基礎が築かれた。作品は『工場の出口』『赤ん坊の食事』『列車の到着』など、日常生活や街頭風景を実写した短い記録映画がほとんどである。
 映画に関する業績で中心的な役割を担ったルイは、実写映画が大衆に飽きられて製作を打ち切った1903年以後も、カラー写真や立体写真の研究で数々の新方式を開発、19年科学アカデミー会員に選ばれ、48年6月6日南仏バンドルで没した。オーギュストは54年4月10日リヨンで没。[武田 潔]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リュミエール(兄弟)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リュミエール(兄弟)の関連情報

関連キーワード

リュミエールオリエンタリズム光の帝国啓蒙思想カーンジャコテデュアメルトロアイヤバイイベルコール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation