@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リュード

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リュード
Rude, François
[生]1784.1.4. ディジョン
[没]1855.11.3. パリ
フランスの彫刻家。生地の父の金属工場で働いていたが,1807年パリに出て彫刻家を志し,1812年にはローマ大賞を得た。しかしナポレオン1世の崇拝者であったためローマ留学を断念し,ナポレオン失脚後はベルギー亡命。同地に 1827年まで滞在して一連の新古典主義的作品を制作した。1831年『と遊ぶナポリの少年漁師』(ルーブル美術館)で新古典主義の立場から離れ,ロマン主義的写実主義(→ロマン主義美術)の作風を確立。引き続きパリエトアール凱旋門壁面を飾る『ラ・マルセイエーズ(1792年の義勇兵出陣)』(1833~36)を制作。当時のフランスの国民的パトスを表現し,同時にバロック的な自然主義の様式を示した。その他の主要作品『ナポレオンの記念像』(1847,ディジョン近郊フィクサン公園),『ネイ将軍像』(1853,パリ,オプセルバトアール広場)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リュード【François Rude】
1784‐1855
フランスの彫刻家。生地ディジョンで素描を学んだあとパリに出る。1812年ローマ賞を得るがイタリアには留学せず,ブリュッセルに工房をもち彫刻を教える。31年ふたたびパリに戻り,政治家ティエールの庇護を得て,未完成であったエトアール凱旋門の装飾浮彫の一つを委嘱され〈ラ・マルセイエーズ〉(1835‐36)を完成。その他《ネイ元帥像》(1853,パリ,オプセルバトアール通り)などを制作した。作風は基本的には古典主義的であるが,情熱的な動勢をそなえ,真実を探求する姿勢の上に成り立っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

リュード
りゅーど
Franois Rude
(1784―1855)
フランスの彫刻家。生地ディジョンのアカデミーに学び、1805年パリに移る。12年ローマ賞を受けるがローマ行きは実現されなかった。ナポレオン主義者で、彼の落後の15年ブリュッセルへ亡命。同地でダビッドの庇護(ひご)を受ける。27年帰仏。31年のサロン出品作『亀(かめ)と戯れるナポリの少年』(ルーブル美術館)は国の買い上げとなり、この作品によって33年レジオン・ドヌール勲章を受ける。しかし、彼の名を全フランスに知らしめたのは、パリのエトアール凱旋(がいせん)門の台座を飾る巨大な浮彫り『1792年の義勇兵の出発』(1833~36)である。「ラ・マルセイエーズ」の通称で知られるこの作品は、手足を力強く対角線上に広げ、人々をいざなう女神の表現をはじめ、見る人に英雄的な感情をかき立たせ、ロマン主義彫刻の代表作とみなされる。晩年の主要な作品に『不滅へと目ざめていくナポレオン』(1845、フィクサン・レ・ディジョン)、『ネイ将軍記念像』(1853、パリのオプセルバトアール通り)がある。パリに没。[上村清雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リュード
(François Rude フランソワ━) フランスの彫刻家。一八三〇年頃から生命感にあふれた作品を制作。ロマン主義彫刻の代表者として、フランス近代彫刻の先駆となる。代表作はエトワール凱旋門の浮彫群像。(一七八四‐一八五五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リュード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リュードの関連情報

関連キーワード

ティチング唐来参和メリーランド州会議事堂フランクリン邦アトウッド市民劇ツンベルクディドロブレー尻切

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation