@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リラ
Lira
イタリアの通貨単位。1リラ (Lと略称) は 100チェンテシミ centesimi。リラそのものの起源は 15世紀であるが,イタリアリラの起源は 1816年といわれる。この間リラはトルコリラ,バチカンリラなどに分化したが,通常リラと呼ぶときはイタリアリラをさす。発券銀行は 1926年6月以降イタリア銀行 Banca d'Italiaである。 60年3月設定の国際通貨基金 IMF平価は1リラあたり純金 0.00142187g (1米ドル=625リラ) であったが,イタリア経済のもつ弱体性により,リラはほぼ恒常的に弱化傾向にあり,スミソニアン協定以後6年間の対ドル減価率は約 33%で主要国通貨中最大であった。 79年のヨーロッパ通貨制度 EMS発足後から 90年までは6%のワイダーバンドで,91年以降は 2.25%のナローバンドで参加している。 92年9月には,通貨危機のため為替相場メカニズム ERMから離脱したが,96年復帰。 97年にはヨーロッパ連合 EUの通貨統合参加前の最後の新札発行として,ラファエロの絵画をデザインした 50万リラ札が発行された。 99年1月のユーロ導入に際しては1ユーロ=1936.27リラの交換レートとなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リラ
lyra
楽器の一種。 (1) キタラに似た古代ギリシア撥弦楽器。亀甲を利用した共鳴箱から2本の腕木を出し,その上端を横桟で結んで,共鳴箱と横桟の間にを張ったもの。前8世紀の絵には3~5弦のものがみえるが,前7世紀以降は7弦以上となった。アラビア半島,アフリカの一部,フィンランドなどでは現在も同種の楽器が使われている。 (2) ホルンボステル=ザックス楽器分類法で弦鳴楽器のリラ属。古代ギリシア,メソポタミアエジプトのキタラ,リラ,クルス,ロッタなど。 (3) そのほか中世ヨーロッパではビオル属,バイオリン属の前身楽器をリラ・ダ・ブラッチョ,リラ・ダ・ガンバ,またハーディ・ガーディをリラ・オルガニザータなどと呼んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リラ
ライラック」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リラ(〈フランス〉lilas)
ライラックの別名。 花=春》「蝶来ると見ればいつしか―咲けり/秋桜子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リラ(〈イタリア〉lira)
イタリアの旧通貨単位。1リラは100センテシミに相当した。2002年1月(銀行間取引は1999年1月)、EU欧州連合)の単一通貨ユーロ導入以降は廃止
トルコの通貨単位。1リラは100クルシュ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リラ(〈ギリシャ〉lyra)
古代メソポタミア・エジプト・ギリシャなどで用いられた竪琴(たてごと)。共鳴胴に2本の支柱を立て、これに横木を渡して数本の弦を張ったもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リラ【Paul Rilla】
1896‐1954
ドイツのマルクス主義文芸批評家。1933年までブレスラウの新聞文芸部長を務めるが,ナチスにより執筆停止処分をうける。45年以降,《文学とリュート》(1948),《文学史におけるゲーテ》(1949)などの鋭い論評で文学史の歪曲と戦う。編纂に当たったレッシング全集(1954‐58)の第10巻《レッシングとその時代》ではレッシングにおける〈理論と実践の統一〉を強調した。ゼーガース,ブレヒトなど現代文学に関する評論も次々に発表。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

リラ【lyra】
元来は古代ギリシアの弦楽器の一種であるが,その名称は種々の楽器に用いられている。(1)古代のリラ ギリシア神話ヘルメスアポロンにささげた楽器として伝えられているもので,亀の甲羅に牛の革をかぶせた胴と,2本の腕木の間にわたされた横木との間に弦が張られており,古代ギリシアの壺にアウロスとともに多く描かれている。同種の楽器は現在もなおアフリカ北東部で使用されており,発生地としては西アジア,エジプトおよびギリシアがあげられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

リラ【lira】
イタリアをはじめバチカン帝国,サンマリノ共和国トルコ共和国における現行の通貨単位。1イタリア・リラは100チェンテジモcentesimoである。 イタリアにおいては1861年,サルデーニャ王国イタリア統一を達成したとき以来,リラは通貨単位とされてきた。それより先,サルデーニャ王国では16世紀以来リラ表示の通貨を使用,1816年には1リラ=100チェンテジモという現在と同一の通貨呼称の整備が行われた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

リラ
〘名〙 (lilas) 植物「ライラック」のフランス語名。
▼リラの花《季・春》
※珊瑚集(1913)〈永井荷風訳〉仏蘭西の小都会「Lilas(リラ)の花は家家の狭き庭に咲く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リラ
〘名〙 (lira)
① イタリア、サンマリノ、バチカン市国の旧通貨単位。現在はユーロ。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「貿易は、一千八百七十年、輸入の物価、八億八千八百五十万『リーラー』」
② トルコの通貨単位。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リラ
〘名〙 (lyra lira)
① 古代メソポタミア、エジプト、ギリシアなどで用いられた撥弦楽器の一つ。共鳴胴の上に立てられた二本の腕木と一本の横木との間に、通常七本の五音音階に調弦された弦を張った。竪琴(たてごと)
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉考古学士の家「我琴を以てヨヰスの神の亀甲琴(リラ)に比したり」
② 中世からルネサンス期にかけて、フィードル(中世のバイオリン)から発達した弓奏の擦弦楽器。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation