@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リンカーン・センター

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リンカーン・センター
Lincoln Center for the Performing Arts
アメリカ,ニューヨークにある演劇舞踊,音楽の総合施設。ニューヨーク・フィルハーモニックの定期演奏会場であるフィルハーモニック・ホール (1962開場) ,ニューヨーク・シティー・バレエ団およびオペラの本拠地であるニューヨーク・ステート劇場 (64) ,舞台芸術のための図書博物館 (65) ,ビビアン・ボーモント劇場 (65) ,メトロポリタン歌劇場 (66) ,ジュリアード音楽院 (69) の5つの建物から成り,非営利的な法人組織として運営される。ビビアン・ボーモント劇場は専属のレパートリー劇団をもっている。図書博物館にはニューヨーク公立図書館から移した演劇,舞踊,音楽関係の図書やレコード,ビデオなど舞台芸術に関するあらゆる資料が収蔵されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

リンカーン・センター
りんかーんせんたー
Lincoln Center

アメリカのニューヨークにある音楽と芸術のための総合芸術センター。セントラル・パークの西側、九番街と十番街に挟まれた62丁目から66丁目にかけての約1万平方メートルの敷地に、ジョン・D・ロックフェラー3世の発案により1959年に着工され、以下の施設が順次完成した。

 フィルハーモニック・ホール(1962年開場) 2836席のコンサート・ホール。当初は音響が悪く、数回にわたり改善が行われた。改善工事の費用を拠出した人の名をとってエバリー・フィッシャー・ホールとよばれ、ニューヨーク・フィルハーモニーの定期演奏会場。

 ニューヨーク・ステート・シアター(1964年開場) 2700人収容。ニューヨーク・シティ・バレエ、および同シティ・オペラの本拠地である。

 メトロポリタン歌劇場(1966年開場) 同名の旧歌劇場を引き継いだ世界有数のオペラの殿堂。1982年(昭和57)には日本の歌舞伎(かぶき)公演も行われた。

 そのほか、アリス・タリー・ホール、上演芸術図書館、ジュリアード音楽学校新校舎などが設置され、ニューヨークの音楽芸術生活の中心となっている。

[美山良夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンカーン・センター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リンカーン・センターの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation