@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リンゼー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リンゼー
Lindsay, Alexander Dunlop
[生]1879. グラスゴー
[没]1931
イギリスの政治哲学者。プラトン研究から出発し,T.H.グリーン,ボサンケットらの理想主義的政治哲学を継承した。自発的結社の役割を強調した民主主義論を展開し,政治的には労働党と近い立場をとった。主著『民主主義の本質』 The Essentials of Democracy (1929) ,『現代民主主義国家』 The Modern Democratic State (43) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンゼー
Lindsay(Lyndsay), Sir David
[生]1490頃
[没]1555頃
スコットランドの詩人政治家。宮廷人となり紋章院長官,皇太子 (のちのジェームズ5世) の式部官などをつとめた。当時の政治や聖職者を風刺したで有名。代表作道徳劇『三階級風刺編』 Ane Satyre of the Thrie Estaits (1540) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンゼー
Lindsay, Howard
[生]1889.3.29. ニューヨークウォーターフォード
[没]1968.2.11. ニューヨーク
アメリカの俳優劇作家。 R.クラウスとコンビを組んで,多くのすぐれた戯曲を書き,上演した。 1939年には C.デーの小説『父との生活』 Life with Fatherを脚色して主演,3213回のロングランを記録した。そのほかクラウスとはピュリッツァー賞受賞作『連邦の状態』 State of the Union (1946) ,ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』 Sound of Music (56) などの台本を合作している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンゼー
Lindsay, John Vliet
[生]1921.11.24. ニューヨーク
[没]2000.12.19. サウスカロライナ,ヒルトンヘッド島
アメリカの政治家。エール大学卒業後,ニューヨーク州で弁護士を開業。 1955~56年共和党政権下で司法長官補佐官。 1959~65年ニューヨーク市選出共和党下院議員。自由党支持も得て 1965年 11月共和党からニューヨーク市長に当選した。 1969年の市長選挙では党内予備選挙で敗れたが,自由党から出馬し再選。 1971年8月民主党に入党。 1972年 11月東京で開催された世界大都市会議に出席するため日した。 1973年市長退任後民間会社に復職

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンゼー
Lindsay, Norman (Alfred William)
[生]1879.2.23. クレスウィック
[没]1969.11.29. シドニー
オーストラリアの画家,著作家。 16歳でメルボルンの新聞に漫画,挿絵寄稿。 1901年以降はニューサウスウェールズ移住。『シドニー・ブリティン』紙の漫画家として知られ,自作の小説を含む多くの著書の挿絵を描いた。主要作品は『ノーマン・リンゼーペン画集』 (1918) に収録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンゼー
Lindsay, (Nicholas) Vachel
[生]1879.11.10. イリノイスプリングフィールド
[没]1931.12.5. イリノイ,スプリングフィールド
アメリカの詩人。シカゴ,ニューヨークなどで美術を研究しつつ詩作励み,自作の詩を朗読しながら各地を放浪。力強いリズムと新鮮なイメージによる『ウィリアム・ブース大将天国に入る』 General William Booth Enters Into Heaven (1913) をはじめ,『コンゴ川』 The Congo (14) ,『チャイニーズ・ナイチンゲール』 The Chinese Nightingale (17) などによって新詩運動の中心的存在となった。その後も続けて詩集を出したが 1920年以後には『小屋ともしび』 The Candle in the Cabin (26) 以外ほとんどみるべきものがなく,次第に人生に懐疑的になり,病的な良心に苦しんで服毒自殺をとげた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リンゼー【Nicholas Vachel Lindsay】
1879‐1931
アメリカの詩人。イリノイ州出身。自分のおもわくに反して,大衆的な吟遊詩人,ホイットマンの系列につらなる詩人として有名になった。代表作には《ウィリアム・ブース将軍天国に入る》(1913)がある。マス・メディアとしての詩を書き,〈内容〉やメッセージを重要視し,イマジズムの影響の圏外にあったため,現代詩人としての評価は低いほうである。精神分裂をきたして自殺した。【徳永 暢三】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

リンゼー
生年月日:1889年3月29日
アメリカの俳優,劇作家
1968年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンゼー
生年月日:1921年11月24日
アメリカの政治家
2000年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンゼー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リンゼーの関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎マキノ雅広五所平之助ルロイドイツ映画稲垣浩成瀬巳喜男キューカー内田吐夢

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation