@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リンター

大辞林 第三版

リンター【linter】
綿繰り機で長い繊維を取ったあとの種子に残っている短い繊維。溶解して人絹・セルロイドなどの原料とする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リンター【linter】
種子のついた綿花は実綿(じつめん)と呼ばれるが,実綿を綿繰機にかけると,綿花または原綿と呼ばれる長繊維(リント)が種子から分離される。この種子には短い繊維が残っており,これがコットンリンター,略してリンターと呼ばれる。リンターのついた種子は,綿繰機と同じ構造のリンター採取機にかけられ,長さ3mm以下のリンターが採取される。リンターは長繊維の約6~10%くらいとれる。リンターは短すぎて繊維としては使えないが,その成分は綿花と同じ高純度のセルロースからできている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

リンター
〘名〙 (linter) 綿の種子からリントと呼ばれる長繊維をとったのち、なお種子に残っている短い繊維。平均三~五ミリメートル。特殊な採取機で集め、人造繊維・写真フィルム・綿火薬の原料やベッドのしん、包帯などに用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

リンター
リンター
linter

ワタ(綿,Gossypium属)の種子の表皮細胞が伸びてできた種毛で,長い綿毛(lint)と短い地毛(fuzz)があり,後者のうち,長さ約5 mm 以下の短繊維をリンターという.一般に,綿実に付着するリントを綿繰機で刈りとったのち,残っている短毛を特別な綿繰機で刈りとる.これがいわゆるコットンリンターである.精製リンターは,高重合度セルロース含有量が高く,セルロース誘導体製造の原料として広く使用されている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リンターの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation