@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リンドバーグ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リンドバーグ
Lindbergh, Anne Morrow
[生]1906.6.22. ニュージャージー,エングルウッド
[没]2001.2.7. バーモント,パサンプシック
アメリカ合衆国の作家,飛行家。飛行家チャールズ・A.リンドバーグ夫人。夫の飛行機に同乗した体験を描いた『聞け! 風が』 Listen! The Wind (1938) や人生論的なエッセー『海からの贈り物』 Gift from the Sea (1955) などのほか,小説『けわしい坂』 The Steep Ascent (1944) ,詩集『一角獣』 The Unicorn,and Other Poems (1956) などがあり,晩年には 1922~44年の日記を5巻にまとめて発表した。そのうちの1冊は『内と外との戦争』 War Within and Without (1980) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンドバーグ
Lindbergh, Charles Augustus
[生]1902.2.4. デトロイト
[没]1974.8.26. ハワイ
アメリカ合衆国の飛行家。ウィスコンシン大学を2年で中退し,ネブラスカ州リンカーンの航空学校入学。 1924~25年テキサスの陸軍飛行学校で教育を受け,1926年セントルイス-シカゴ間の郵便航空操縦士となった。この間にセントルイス財界の後援を得て,1927年5月 20~21日愛機『スピリット・オブ・セントルイス』号に乗り,ニューヨーク-パリ間の大西洋単独無着陸横断飛行に所要時間 33時間半で初めて成功,賞金2万 5000ドルを獲得した。 1932年3月2歳の息子が誘拐,殺害されて,別の意味で世間の関心を集めることとなり,夫妻は好奇の目を逃れてヨーロッパに移り住んだ。その後帰国したリンドバーグは,第2次世界大戦初期にアメリカ中立論を主張したが,アメリカ参戦後は民間人として積極的に協力。 1954年ドワイト・アイゼンハワー大統領によりアメリカ予備空軍准将に任命された。著書『翼よ,あれがパリの灯だ』 The Spirit of St.Louis (1953) はピュリッツァー賞を受賞。フランスの生理学者アレクシス・カレルとの共著『臓器培養』 Culture of Organs (1938) はこの方面の共同研究をまとめたもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リンドバーグ(Charles Augustus Lindbergh)
[1902~1974]米国飛行家。1927年、ニューヨーク・パリ間の大西洋横断無着陸飛行に成功。また、31年には北太平洋横断飛行にも成功。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リンドバーグ【Charles Augustus Lindbergh】
1902‐74
アメリカの飛行家。1927年5月,史上初めて大西洋横断の単独無着陸飛行に成功した。デトロイト生れ。ウィスコンシン大学中退後,飛行学校に学び,郵便飛行士などを務める。懸賞金2万5000ドルのニューヨーク~パリ間無着陸飛行に挑戦するため,セント・ルイスの事業家の資金援助で特別機を注文製造。27年5月20日朝,スピリット・オブ・セント・ルイス号に乗りニューヨーク郊外のローズベルト飛行場を離陸,21日夜(パリ時間)パリ近郊のル・ブールジェ飛行場に無事着陸した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

リンドバーグ
りんどばーぐ
Charles Augustus Lindbergh
(1902―1974)

アメリカの飛行家。デトロイト生まれ。父はスウェーデン系移民で下院議員。ウィスコンシン大学機械工学科を中退、1925年陸軍飛行学校を卒業。郵便飛行士などを勤めたあと、27年5月、単発機スピリット・オブ・セントルイス号により大西洋横断無着陸飛行(ニューヨーク郊外ルーズベルト飛行場―パリ近郊ル・ブルジェ飛行場)に成功、一躍世界の英雄となった。29年5月、中南米親善飛行の途中知り合ったメキシコ駐在大使の娘アン・モローAnne Morrow(1906―2001)と結婚。アンはやがて夫の副操縦士となって夫婦でしばしば各地へ飛行する。32年、2歳弱の長男が誘拐、殺害されるという悲劇にみまわれる(この事件を契機に、複数の州にまたがる誘拐犯行を連邦犯罪として取り締まるいわゆるリンドバーグ法が成立した)。35~39年、ヨーロッパに住む。この間、フランスでA・カレル博士と協力して人工心肺の1号機を開発。ドイツではナチスの領袖(りょうしゅう)ゲーリングから名誉勲章を授けられた。帰国後、第二次世界大戦へのアメリカの参戦に反対する勢力の中心的存在となるが、参戦後は陸軍省顧問となり、太平洋戦線に赴き、空中戦にも参加した。54年、単独飛行の回想録によりピュリッツァー賞受賞。妻のアンは作家でもある。

[常盤新平]

『新庄哲夫訳『リンドバーグ第二次大戦日記』上下(1974・新潮社)』『佐藤亮一訳『翼よ、あれがパリの灯だ』(旺文社文庫)』『リンドバーグ夫人著、吉田健一訳『海からの贈物』(新潮文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リンドバーグ
(Charles Augustus Lindbergh チャールズ=オーガスタス━) アメリカの飛行家、軍人。一九二七年五月の単身最初の大西洋無着陸横断(ニューヨーク・パリ間)飛行、三一年の北太平洋横断飛行に成功した。(一九〇二‐七四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンドバーグ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リンドバーグの関連情報

関連キーワード

児童雑誌ファリエールサンジカリズム鉄筋コンクリート構造ドゥーマ夏目漱石日本郵便制度史(年表)御免内閣総理大臣バン・デ・ベルデ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation