@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リンパ節【リンパせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リンパ節
リンパせつ
lymph nodes
リンパ管に介在し,リンパを通過させる器官内部リンパ腔をもちリンパ球の形成および食菌作用に関係する場所で,ときにはこの部が異常に腫大する。かつてはリンパ腺とも呼ばれていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

リンパ‐せつ【リンパ節】
リンパ管の所々にある粟粒大や大豆大の小器官。網状に結束した構造をもち、リンパ球マクロファージなどが充満しており、リンパ中の異物・病原菌・毒素などを捕食したり免疫応答を行ったりして生体を防御する。哺乳類にみられ、頸(けい)部・鼠蹊(そけい)部・腋窩(えきか)をはじめ全身に分布。リンパ腺。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

リンパ節
 リンパ腺ともいう.リンパ管を中継して異物や細菌の補捉,リンパ球の産生,抗体の産生などを行うところ.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

リンパせつ【リンパ節 lymph node】
いわゆるリンパ腺lymph glandのこと。鳥類の多くと哺乳類にみられる。リンパ組織lymphatic tissue(lymphoid tissue。各種のリンパ球を産生する組織)が集まってできた器官の一つで,輸出・輸入リンパ管を備える。形は楕円形のものが多く,米粒大からソラマメ大であり,全身に多数散在するが,ヒトでは腋窩(えきか),鼠径部(そけいぶ),頸部などにあり,化膿性疾患の際に,はれたリンパ節が外部から触れることができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

リンパ節
りんぱせつ

リンパ管が走行する途中に介在している結節状の小体で、俗にリンパ腺(せん)ともよばれる。扁平(へんぺい)な楕円体(だえんたい)形あるいは腎臓(じんぞう)形で、大きさは2ミリメートルから30ミリメートルほどと大小さまざまである。リンパ節へはその表面から数本のリンパ管(輸入リンパ管)が進入し、その進入部とは反対側の表面からは1~2本のリンパ管(輸出リンパ管)が出ていく。リンパ節の構造は細網組織(細網細胞と細網線維)からなり、網の目の中にはリンパ球が充満している。リンパ節の実質の表層部は皮質とよび、中心部を髄質とよぶ。皮質にはリンパ球が密在するが、とくにリンパ球が密集してところどころに球状の集団を形成している部位をリンパ小節という。リンパ節の髄質は、皮質から連続するリンパ組織であるが、索状の粗い網目構造となっている。これらの皮質と髄質のリンパ組織の周囲には多数の間隙(かんげき)が存在し、これをリンパ洞という。輸入リンパ管はこのリンパ洞に開いている。つまり、輸入リンパ管のリンパ液はリンパ洞に流れ込み、この中を流れて輸出リンパ管に集められる。リンパ節のリンパ組織とリンパ洞とは互いに交通している。

 リンパ節内で、その表層(皮質)にあるリンパ小節の中にはBリンパ球が存在している。Bリンパ球は抗原によって反応し、抗体産生細胞となる。皮質の深層部にはTリンパ球が存在している。Tリンパ球は細胞性免疫に関与し、細胞性免疫を発現させる能力をもっている。このようにリンパ節は生体の防衛にあずかる重要な組織である。また、リンパ(リンパ液)はリンパ節のリンパ組織内を流れていく間に機械的に濾過(ろか)されるとともに、リンパ内に含まれている異物や有害な細菌などは大食細胞によって取り込まれ、リンパの浄化が行われる。

 人体の代表的なリンパ節は頸部(けいぶ)リンパ節、腋窩(えきか)リンパ節、鼠径(そけい)リンパ節などで、これらのリンパ節は細菌感染時に腫脹(しゅちょう)肥大して、圧痛とともに皮下に触れることができる。なお、リンパ節は魚類、両生類、爬虫(はちゅう)類には存在しない。鳥類はリンパ節をつくらないがリンパ組織をもっている。

[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

リンパ節(造血臓器の構造と機能)
(3)リンパ節
 リンパ節は被膜に覆われた直径1 cm程度の小器官である.リンパ洞とリンパ実質からなり,被膜から侵入する梁柱によって細分化されている(図14-2-5).被膜を貫通して入ってくる数本の輸入リンパ管は辺縁洞となり中間洞,髄洞を経て1本の輸出リンパ管として門部より出る.リンパ実質は皮質,副皮質,髄質からなる.濾胞はリンパ球の類円形集簇巣であり,小型リンパ球の集簇した一次濾胞とマントル帯と胚中心からなる二次濾胞とがある.濾胞構造を示す部分はBリンパ球優位であり,濾胞間はT細胞優位である.抗原刺激を受けていない成熟Bリンパ球はナイーブB細胞とよばれ,多くは濾胞間領域で抗原刺激を受け,その一部が髄質に移行し短命な形質細胞となる.残りは濾胞樹状細胞(follicular dendritic cell:FDC)の存在する一次濾胞の辺縁部に移動し,増殖を開始する.増殖した細胞がFDC領域のほぼ全域を占めると,一次濾胞を形成していたB細胞は周辺に追いやられマントル帯となり,二次濾胞を形成する.濾胞内の胚中心においてBリンパ球は,免疫グロブリン遺伝子に体細胞突然変異を生じ,FDCの抗現刺激を受けてメモリーB細胞へと成熟していく.[松村 到]
■文献
Abboud CN, Lichtman MA: Structure of the marrow and the hematopoietic microenvironment. In: Williams Hematology, 7th ed (Lichtman MA ed), pp35-72, McGraw-Hill, NY, 2006.
Dacie JV, Lewis SM: Practical Hematology, 7th ed, Churchill Livingstone, Edinburgh, 1991.
Kipps TJ: The lymphoid tissues. In: Williams Hematology, 7th ed (Lichtman MA ed), pp73-81, McGraw-Hill, NY, 2006.

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

リンパ節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リンパ節の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation