@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リン酸水素カリウム【リンサンスイソカリウム】

化学辞典 第2版

リン酸水素カリウム
リンサンスイソカリウム
potassium hydrogen phospate

リン酸二水素カリウムとリン酸水素二カリウムがあり,工業的にはこれらを単にリン酸水素カリウムとよぶことが多い.【】リン酸二水素カリウム[(mono)potassium dihydrogenphosphate]:KH2PO4(136.09).略称KDP,MKP.レーザー光学分野でKDPとしてよく知られている.第一リン酸カリウム(primary potassium phosphate)ともいう.水酸化カリウム水溶液にリン酸を1:1のモル比で加え,反応液の pH を4.6に調整し,溶液を濃縮冷却すると得られる.無色の柱状正方晶系結晶.密度2.338 g cm-3.溶解度25 g/100 g 水(20 ℃).エタノールに不溶.水溶液は弱酸性である.加熱すると258 ℃ 以上でメタリン酸カリウムとなる.結晶のC軸方向に強誘電体で圧電率が大きいので,電気材料としての用途がある.キュリー温度123 K 以下で正方晶・常誘電性から斜方晶・強誘電性に転移する.大型単結晶は圧電素子,レーザー高調波発生用の非線形光学素子として重要である.KD2PO4(D-KDP)はポッケルス・セル素子,Q-スイッチング素子として用いられる.pH 緩衝剤,肥料,醸造用添加剤,食品添加剤としても使用される.[CAS 7778-77-0]【】リン酸水素二カリウム:K2HPO4(136.09).略称DKP.第二リン酸カリウム(secondary potassium phosphate)ともいう.リン酸と水酸化カリウムを1:2のモル比に混合し,pH 9.0に調整し,加熱濃縮後,100 ℃ で加熱脱水すると無水和物が得られる.無色の板状または針状の斜方晶系結晶.きわめて強い潮解性を示す.溶解度159 g/100 g 水(20 ℃),エタノールに微溶.水溶液は微アルカリ性を示す.加熱すると282 ℃ 以上で分解し,二リン酸カリウムK4P2O7[CAS 7320-34-5]を生じる.pH 緩衝剤,かん水,膨張剤,金属封鎖剤,醸造用添加剤,細菌の培養基,医薬品,排水処理剤などとして使用される.[CAS 7758-11-4]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リン酸水素カリウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リン酸水素カリウムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation