@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リート

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

リート
Lied
ドイツの歌曲。特に 19世紀以降ゲーテ,ハイネ,アイヘンドルフらのロマン派抒情詩に触発されて,音楽との理想的な融合を目指し,シューベルト,シューマン,ブラームスらによって開拓され,H.ウォルフ頂点に達した芸術曲をいうが,ミンネジンガー,マイスタージンガー時代のものや 15~16世紀の多声的歌曲を含めてドイツ歌曲一般をいう場合もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

リート
投資家から集めた資金借入金オフィスマンション商業施設などに投資し、賃料売却益投資家に分配する金融商品。証券取引所に上場され、投資家が自由に売買できる。00年施行の改正投資信託法で投信への不動産の組み入れが可能になり、生まれた。上場リートのは現在42。
(2007-12-26 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

リート(〈ドイツ〉Lied)
ドイツの芸術歌曲。特にピアノ伴奏つきの独唱曲として、シューベルト・シューマンらにより隆盛期が築かれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りーと【リート】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

リート【REIT】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リート【Lied】
歌の意
ドイツの芸術歌曲。詩とピアノ伴奏が一体となって、深い情感を表現する。一八世紀後半におこり、一九世紀にはドイツ独自の重要な声楽の分野となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リート【REIT】
real estate investment trust

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

リート
りーと
Liedドイツ語
歌曲。17、8世紀にはドイツ語の叙情詩による有節形式の簡素な歌曲を示したが、今日ではドイツ語による歌曲全般をさすことが多い。フォルクス・リートVolkslied(民謡)、クンスト・リートKunstlied(芸術リート)、コアー・リートChorlied(合唱リート)などの区別がなされることもある。わが国ではリートは通常クンスト・リートをさす。ピアノ伴奏の作品が多い。
 リートは17、8世紀から作曲されているが、これらはフォルクス・リートに近く、芸術性に欠けていた。19世紀初頭に活躍したシューベルトは『糸を紡ぐグレートヒェン』『野ばら』『鱒(ます)』『冬の旅』などを作曲し、これらによってリートの規模を拡大し、伴奏のピアノに多彩な表現力を与えた。彼によってクンスト・リートが開花したといわれる。シューベルトに続いてシューマン、ブラームス、ウォルフ、マーラー、R・シュトラウスなどがリートに優れた作品を残した。この伝統は20世紀の作曲家ロイター、ヘンツェなどにまで受け継がれている。[石多正男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リート
〘名〙 (Lied 「歌」の意)⸨リード⸩ ドイツの芸術的歌曲。中世のミンネゼンガーの時代から発達し、詩に旋律をつけただけでなく、豊かな楽想に富むピアノ伴奏部を伴う。シューベルト、シューマンらにより隆盛期が築かれた。〔外来語辞典(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リートの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation