@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

リードオフマン

デジタル大辞泉

リードオフ‐マン(lead-off man)
野球で、一番打者トップバッター

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

リードオフマン
先頭打者。打順が一番の選手を指す場合と、その回の先頭を指す場合とがあり、チャンスの糸口を作る。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

大辞林 第三版

リードオフマン【lead-off man】
野球で、一番打者。トップバッター。
その分野で、先頭に立って全体を引っ張っていく人。
ボウリングで、チーム対抗試合のとき、最初に投球する人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

リードオフマン
野球やソフトボールで打順が1番の打者のこと。イニングごとの最初バッターをさす場合もある。勝率に大きく関わる先制点を狙うため、打率出塁率が高い選手がリードオフマンに起用される。幅広い球種に対応できる高い技術力と、飛距離が短くてもに出られる足の速さが必要となる。出塁してからはリードで相手投手にプレッシャーをかけたり、盗塁で進塁することが求められ、駆け引きの能力も問われる。日本のプロ野球の代表的なリードオフマンとしては柴田勲、真弓明信、高橋慶彦イチロー松井稼頭央、秋山翔吾らがいる。

(2020-4-9)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

リードオフ‐マン
〘名〙 (lead off man)
① 野球で、一番打者。トップバッター。
② ボウリングで、一チームの最初に投球する人。
③ 先頭に立って人々をひっぱっていく人。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リードオフマン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

リードオフマンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation